スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伊勢のお木曳

伊勢神宮は20年に一度、社殿を新しく建て替え、神様にお遷(うつ)りいただきます。これを式年遷宮(しきねんせんぐう)と言います。
式年遷宮の制度は、今から約1300年前に第40代天武(てんむ)天皇が定め、戦国時代には一時の中断がありましたが、今に引き継がれています。
その際には諸社殿だけでなく、御装束・神宝までもが新たに作り替えられます。
平成25年には第62回目の御遷宮が行われますが、社殿の建て替えに必要な材木(=御用材)を運ぶ行事が「お木曳(おきひき)」なのです。
旧神領にあたる伊勢市の住民が2ヶ月間にわたり御用材を内宮、外宮両宮に曳き入れます。
内宮領では木橇(きぞり)に御用材を積み五十鈴川で「川曳(かわび)き」を行い、外宮領では御木曳車で「陸曳(おかび)き」を行います。
そんなお木曳行事は、国の選択無形民俗文化財(風俗習慣・祭礼(信仰))に登録されています。

すでに4月12日には内宮領で、13日には外宮領で、御木曳初式(おきひきぞめしき)が行われました。
これは正宮や別宮の棟持柱(むなもちばしら)などにあてられる代表的な御用材を、ゆかり深い特定の町の住民が神域に曳き込むもの。
「役木曳(やくぎひき)」とも呼ばれます。
5月5日からは外宮領各町の一般奉曳・陸曳きが始まり、6月4日までの毎週末はお木曳車の「わん鳴り」と木遣などでにぎやかになります。
また、内宮領では7月22日、23日、29日、30日に川曳きが行われます。


■伊勢神宮式年遷宮広報本部
■伊勢の神宮
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 伊勢


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。