スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新年のめっけもの

060106_4.jpg
和具屋さんという古くからの瀬戸物屋さん。一度見てみたいと思いながら、入ったことのないお店。
このところ自分用のご飯茶碗を探していたので、片隅のちょっとホコリを被った棚を物色していたら、気になるものを見つけました。
昭和初期か大正のものというお茶碗、なんのことはない物だけど、この姿が気に入って。
最初、蓋が別の所にあって、茶碗だけの値段を聞くと「数が揃わないものだから、200円。」と言われました。えっ、安いのね。
蓋もあったと告げると、「蓋付だとちょっと高いんさ、500円くらいかな、でもまぁ300円でいいわ。」とのこと。
高いと言われ、いくらかと思ったけれど500円でも安いわ。
生地が薄いので、ちょっと気をつけて扱わないといえないかもしれませんが、とても満足です。

これは1月6日のこと。
この日は、昨年末に済ませるつもりだった用件を片付けるべく役所へ。その後、空気は冷たいけれど風がなかったので、そのままお散歩。
060106_1.jpg
伊勢神宮・外宮も平日とはいえさすがに新年、それなりの人がいました。わたしはお参りはせずに池の方へ。
ちょうどお昼時、イスラム教信者の方々が西に向ってお祈りをしていました。お祈りをする時用の敷物を持ち歩いているんですね。
その信心深さは日本人の宗教観念とはたしかに違います。しかし、彼らは神宮にはお参りしたのでしょうか。うーん、気になる。
さて、池のまわりを一周して戻ってくると、今度は池の鳥に向かって謎の呪文(というか気合?)をかける人が登場。
さすが新年の神宮です。めっけもん揃い。
足を進めて。歩いていくと...町の中の庚申さん。花を飾る人の気持ちがすがすがしい。
060106_2.jpg
実はこの日の散歩の目的は、河崎のモナさんのチキンライス。無性にアジアンな味が食べたかったこの頃。
060106_3.jpg
美味しゅうございました。これに触発され、この日の夜は生春巻きを作ったわけなのだが...食に突き動かされる自分が、ちと情けない。
ささ、食べたら歩くのだ...そして和具屋さんの前で足を停め。
店主のおばあさんの姿が見えたので、入ってみると、日用雑器の陶器類ワサワサと。骨董まではいかない古さの食器が好き。ちょっとときめく。
蔵にしまってあった非売品のものも、街かど博物館として展示しているとのこと。ガラスのカップがいい感じだったのですが、非売品。
とは言え、めっけもん続きの一日は、お茶碗で締めくくられたのでした。

この日の写真は<こちら>から。右上の 
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 伊勢


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。