スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


運転のタシナミ

050410.jpg 職場の休憩コーナーからは、とある商業施設の駐車場がよく見えます。 時折、ぼーっとしながら車の出入りを眺めていて気付いたのは、駐車場のラインに対して無造作に駐車していく人の多さ。 停められている車を地上レベルで見ていても、曲がっているな、くらいにしか思いませんでした。 でも、その駐車過程も見ていると、どうして切り返さないのかなぁと思うことが多々ありすぎるような。 小さな車なのに、前の線から頭がちょっと出ていたり(後ろは空いている)、スペースに対して左右のどちらかに寄り過ぎていたり。 時には対角線のように斜めに停めている車もあります。 わたしは車の運転が好きだし、車庫入れも驚くほど上手とは言えないけれど、苦手には感じていません。 基本的に頭からではなくバックで停めますが、かならず1度でピタリと決まるとは限りません。 ズレていると思ったら、1度・2度ハンドルを切り返して、駐車スペースにまっすぐ収めるようにします。 それは、まわりの人のためもあるし、自分の車を守ることでもあると思っているのですけれど... 少しでも、自分の車にぶつけられるのを防ぐために、ね。 車の運転、特に車庫入れは、数学だと思っています。 ハンドルとアクセル操作によって、4つの車輪と車体の4角の点が描く線を考えるということ。 なんだか小難しそうに感じるかもしれませんが、経験を重ねるうち、誰もが身に付けていることでしょう。 わたしはそれを意識の下で思い描くことができるようになって、途端に車庫入れが簡単に思えてきました。 くねくね山道を上ったり下ったりも、難なくスムースになりましたし。 とはいえ、四六時中コムズカシイことばかり考えて運転しているわけではありません。 ワタクシ運転の第一人者ではなく、お気楽街乗りドライバーですもの。 風の気持ちいい日には、窓を全開にして、ハナウタ交じりで運転するのが楽しいし、スピードを感じるのも好き。 少なくとも駐車の際は、ちょっと意識してきちんと停めたほうが、自分のため、みんなのためなんじゃないのかな、と感じた、ということなのでした。 そして忘れちゃならないことは、譲り譲られ気持ちよく、デス。 もうひとつ...交通法規は守りましょう。ハイ。 あ、最後にお願いです、わたしが車をぶつけても笑わないでください。 +++追記+++ やっぱり大笑いされたほうがいいです! 笑ってくれ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。