スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トヨタ F1日本GPの開催撤退

トヨタが富士スピードウェイでのF1日本グランプリの開催から撤退するとの報。
正直なところ、予測できたことでありF1自体からも手を引くタイミングを見計らっているのでは、と勘ぐらずにはいられない。古いHONDAヲタと言われようが、そう思えてしまいます。
個人的には鈴鹿で連続開催されるのは、ありがたい。地元なので地の利もあるし、鈴鹿への思い入れもあるし。でも、交互開催でもいいと思っていた部分もあり。なくなるかもな上海や新たに開催されるかもな「KOREAグランプリ」に行ってみるのも面白いかな、とも思ったりもして。

もっとも、日本GPがどこで開催されるとか以前に、F1というもの自体がこれかどうなるのか、果たして楽しめるのか、そこが問題だったりするのですが。大きな曲がり角ですね。

+++++ 一部追記 +++++

7月7日、富士スピードウェイは正式に2010年のF1開催から撤退すると発表しました。
個人的な思いとしては、F1がいつまでも残って欲しいというばかりではなかったりします。形骸化されたまま残っても意味がない、と。それは、日本GPの開催が立ち行かなくなることが問題なのではなくて、F1自体がどう継続されていくのかが気になるというところでもあり。
ただ、どう残って欲しいか、という希望がないことが自分自身でも意外です。

+++++++++++++++++++++


以下、記事引用。


以下、毎日新聞の記事より。<トヨタ F1日本GPの開催撤退 業績不振で来年以降>

 トヨタ自動車は傘下の富士スピードウェイ(FSW、静岡県小山町)で開催している自動車レースの最高峰、F1日本グランプリ(GP)を10年以降開催しない方針を決めた。コスト削減が主な理由で、FSWが7月中にも発表する。トヨタは00年にFSWを買収、約200億円を投じて改修し、07年からの開催にこぎ着けたが、わずか2回の開催で撤退する。

 トヨタは10年3月期に2期連続の営業赤字に陥る見通しで、FSWでのF1開催とF1参戦について撤退を含め検討してきた。「社業に近いスポーツ」(トヨタ幹部)であることから参戦は続けるが、FSWでのF1開催はトヨタの費用負担が1回あたり20億~30億円といい宣伝効果などに比べて重いと判断した。
 トヨタの初開催となった07年日本GPでは、自家用車の乗り入れを規制し、バスで観客をピストン輸送したが、大雨で場内の道路が陥没して一部観客がレース開始に間に合わないトラブルが起きた。08年は場内の舗装などに約20億円を追加投入し、大幅な赤字となった。信頼回復のためにも開催を継続すべきだとの声がトヨタ内にはあったが、コスト削減を重視した。

 日本GPは、ホンダ傘下の鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)とFSWでの交互開催が決まり、今年は10月に鈴鹿で開かれる。トヨタの撤退で今後、鈴鹿での毎年開催が有力になりそうだ。



産経新聞の解説も手厳しい。<[解説]問われる社会的責任 富士SWのF1開催撤退>

FSWのF1開催からの撤退は、親会社であるトヨタの、厳しい経営状況下での判断として尊重すべきではあろう。だが一方、F1という大きな国際イベント開催への社会的責任を、どうとらえているのか、首をかしげざるを得ない。

 トヨタは巨額資金を投入してFSWを改修し、日本GPを招いた。それまで20年間に渡りF1を開催し、高く評価されていた鈴鹿から開催権が移った状況は、ファンの目に「カネの力で奪い取った」と映った。さらに2007年の開催初年度は観客移送バスの運行が混乱し、多くの観客がレースに間に合わない、帰れないというトラブルが発生。訴訟になるなど信頼は損なわれた。
 昨年の大会では約20億円かけて施設を整備し、入場客数も絞ってスムーズな運営を実現。信頼回復の緒に就いたが、ここで投げ出せば再びファンの目は厳しくなる。
 F1開催でサーキット側の収入はチケット代程度。立地条件の悪さから観客の足を用意せねばならないFSWが、入場客数を絞れば収支が厳しくなるのは明白だ。今になって「見返りが少ない」では、見通しの甘さも指摘されよう。

 今般のF1分裂騒動でマックス・モズレー国際自動車連盟会長は「自分の都合で好き勝手に出入りする」と自動車メーカーを非難した。その実例を、昨年12月にF1撤退を決めたホンダに続き、またも日本メーカーが提供することになってしまった。




TrackBack : 0
Comment : 0
Category : Formula-1


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。