This Archive : 2007年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏バテ?

車に乗る時は窓を開けて自然の風を受けるのが好き。
さすがに暑い間はエアコンをかけずにはいられないけれど、今朝はこの夏から初めてエアコンなしの風のみで心地よかった。夜、眠るときのエアコンも不要になってきたし...
着実に涼しくなってるね。

とはいえチョイ不調。
特に昨日は頭が痛くて起きていられなかった。夜も早くから横になったらそのまま寝入ってしまい...でも目が覚めたのは午前3時というのは、けっこう健康な証しなのか?
それから5時まで眠れずウダウダ過ごし、その後、再び7時まで眠ったわけなのだが。

夏も仕舞の今の時期、涼しくなったとはいえ、知らず知らずの間に蓄積された疲れが出やすいのかもしれません、みなさまもご自愛くださいまし。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0


皆既月食

見られないかなぁと思っていた皆既月食、最初は雲が多くてダメだったけど、皆既が終わる間際から見えた!
赤い月はなんとも怪しげでステキでした。
一度じっくりみてみたいものです。ちなみに次回、日本で皆既月食が見られるのは2010年なんだとか。そのときはスッキリ晴れるといいのにね。なんて。

それにも増して一度みてみたいのが皆既日食。
友人に、なにも知らずに新婚旅行で行ったパリで偶然にも皆既日食と遭遇し、エッフェル塔の下の公園で見ることのできた幸せもんがいる。観察用キットも配られたそうで。うらやましす。
皆既日食のために海外ツアーへ行くのはありえない、とすると次に日本で見られるのは2009年、でも南の島々。その次は本州でも観測可能だけれど2035年。
生きているのかなぁ??? その頃も見たいと思っているのかなぁ?
TrackBack : 0
Comment : 3


夏草の廃れ

070827.jpg
陽の色が変わってきた。
あんなに賑やかだった蝉の声はずいぶんとおさまり、秋の虫が鳴き始めた。夏草は盛りを過ぎ、稲刈りも始まって...暑い暑いと言いつつも、やっぱり秋。
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 日々想々


世代差?

気のつかない男と、自分のことしか話さない女。
それでコミュニケーションが成り立っているというのが、なんとも胸悪い。
なんて感じるのは年齢のせいだろうか?
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


プチ同窓会

名古屋にて学生時代の仲良し5人でプチ同窓会。
年に一度、帰省してくる友人の都合に合わせて食べてしゃべって。出会った頃と同じだけ(それ以上)の期間、それぞれに生きてきたわけで、人生模様も人それぞれにあるものです。
恒例の名駅の高層ホテルでランチバイキングは苦手なのですが...というのも、食い意地張ったわたしは食べすぎてしまうので、後々後悔するわけなのです。
食事をしながら十分におしゃべりし、その後はオノボリサンとしてミッドランドスクエアの展望台へと行きました。こんな時でもないと行かないし、また、そこでも話し続けるわけですが。

この会は、昨年は都合が合わずに開催されなかったので、2年ぶり。
その前の年に参加できなかった友人とは、3年ぶりに会うというのに、何年ぶりでも何年たっても、そんなことは感じられないほどタイムスリップしたような気分でいられる。
そんな存在にしあわせを感じるのでした。
TrackBack : 0
Comment : 0


雷ドカン

お盆の間、混雑していない通勤路に慣れてしまい、ここのところお盆前より朝は5分遅れで出発していたわたし。
この時間の方が、渋滞が微妙に終わっていて、会社に着くのは同じくらいの時間だということには気付いたけれど、「順調であれば」の限定だしヤバいなぁと思っていたら...
今日は遅刻いたしましたー。朝からかなりの雨と雷で自然渋滞していたようで。
そんな動かない道に半ばあきらめていると。
目の前の車の向こうでまばゆい閃光、続いて轟音と地響き...かなり近くに雷が落ちた模様。車の中で思わず「うぎゃッ」と叫びましたわ。

雷に「明日からは早く家を出ろよ」と言われた気分です。
さぁ、早寝早起き!
TrackBack : 0
Comment : 0


それは遠く

070821.jpg
湧き上がる雲
遠い雷
果たせない約束
秋の気配
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


夕日に押されて

070820.jpg
このところ帰り道の夕日が唯一の楽しみでございます。
夕日がきれいなのは秋の始まり、であると共に、夕焼けの見える時間が早くなった=日の入りが早くなってきたということにも、やはり秋を感じさせられます。影も長くなってきたしね。
この夕日、唯一残念なのは、車を運転する背中に見えること。なのでミラー越し中心。
じっくり、広く開けたところで、のんびりと入日を眺めていたいのですけどね。唯一、職場の某所からは、帰り時になかなかの眺めが見られるのですが...あの場所では...ねぇ。
TrackBack : 0
Comment : 0


旧暦七夕

今では新暦の七月七日で営まれる七夕。旧暦だと今年は8月19日なのです。
旧暦の7月7日(要は8月中旬ですね)の方が、晴れる確率は高いのだとか。確かにそうですね、新暦だと梅雨真っ盛り。年に一度の逢瀬も天の川が氾濫しないかと心配してみたり。
空には三日月(旧暦だと変わらない)。まさに笹の舟に乗って会いに行くよな風情です。

--- と、以上は新聞だったかで読んだお話。出自は、はっきりしておりません。
TrackBack : 0
Comment : 0


夏生まれ

070818.jpg
暑い季節は苦手...そして夏には鬼門な出来事の多いわたくしですが、夏生まれ。
今年もお誕生日を迎えました。また新しい一年が始まります。
感謝。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


夜風に吹かれて

070817.jpg
夜風が気持ちよくて、思わず散歩したくなるような夜です。
お友達の日記で、「夕日がきれいなのは夏の終わり」と読んではたと思った、季節は巡る。
猛暑の日々ですが、着々と季節は進んでいるのです。


いろいろありすぎる日々ですが、問題は解決のための鍵。
良い結果に結びつけられれば...人は、はかなき望みに向かう生き物なのだ。
それでよいのだ。
--- ちょっとバカボンのパパも入り気味w
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


雲百景

070816_1.jpg
今日の雲はなんとも不思議なもので。
上は西の空、太陽が沈む頃。雲の端の金色がとても輝いてました。
下は東の空、同じく太陽の沈む頃。薄雲にくっきりと道がついている...飛行機の航路とかぶっているような気もしていますが。
(車からなのでロケーションは悪いしちょいブレですね。)
070816_2.jpg

血液型と地震雲の話題は信じないわたし。でも、ちょっと不思議な気分ももたげてしまい。
科学的に証明されること以上に、自然への畏敬の念を持っていたいと思うのでした。
TrackBack : 0
Comment : 0


空の下でヨガ

070814.jpg
今日は朝からお仲間と公園でヨガ。
大きな木の下の木陰、蝉時雨の元で風に吹かれて行うヨガは、爽快でございました。
ヨガの生まれたインドでは、こんな感じで自然を感じながら瞑想を深めていったのでしょうね。ワタクシ、そんな深いところまで入り込むつもりはございませんが...
ヨガでなくとも、五感で自然を感じるのは良いなぁと。

昨年はピラティスのレッスンを受けていましたが、どうも自分の中でしっくりせず、この春からは今のメニューをジムのスタジオレッスンのひとつとして受けているのです。
こちらの方が合っているのかも。効果のほどは不明ですが...ボチボチと参りますワ。
TrackBack : 0
Comment : 0


言うまでもなく暑い

070812.jpg
これでもかというように続く暑い日。
日中の炎天下においてあった車に乗らねばならぬことがあり、もう体が溶けるかと思いましたわ。
それ以上でもそれ以下でもなく。なんとかやり過ごしましょう。
TrackBack : 0
Comment : 0


ボンボン ボン!

070811_1.jpg
今日は映画&ランチ。とっても休日っぽい過ごし方です。
友人のbaobabと、そのお友達のクワmamaさんのお出かけに突如乱入といった感じ。新富座さんで映画を見て、ボンヴィヴァンさんでランチという、実に伊勢チックな行動です。

まずは映画「ボンボン」へ。ツイてないおじさんが犬のボンボンと出会って...なお話し。
殺伐としたディテールながら、なんともホッとしてしまう。キャストの犬の姿となんともいえない間、サイトにもあった「現代のわらしべ長者」的お話とユーモアに、ほのぼのさせられました。
なにか消化不良なしっくりこない気分が残ったのです。それが何故か考えていたら、犬のブリーディングお金を儲けて幸せになるであろう、というお話だったからなのでしたわ。
愛玩動物としての犬の存在には不可欠なことなのだよな、そこに思い至って納得。
ちなみに上映初日ということで、ボンボン・ステッカーシートをいただきました。かわいい。

さて、その後はランチ。ひさびさのボンヴィヴァンさん!
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 伊勢


ほろ酔い

070810.jpg
M夫妻とお食事会。ちょいとお仕事のお手伝いをしただけなのに、すっかりご馳走になってしまう...相変わらずの、遠慮なしでございます。
訪れた某店の焼き穴子、これがまた最高に美味しい! タレをつけて焼いた穴子に山葵をつけて海苔で巻いていただく。まさに目からうろこ、今度は家でもやってみようかと。
伊勢のあたりでは、今でもおばちゃんが自転車やバイクに乗って魚の行商に来ます。穴子もその中によくあって、さばきたてはとても美味しいのです。
この日の酒も魚もお寿司も子羊(!)も、たいへん美味しゅうございました。ご馳走さまデス。
その後の珠家さんでのお話も興味深く...良い宵でした。

--- お仕事のお手伝い内容は、あなたの目にも触れているかもしれません。
--- いちばん嬉しがっているのはわたし自身だったりして♪
TrackBack : 0
Comment : 0


夕立

070806.jpg
先週末あたりから、夕立が続きました。まるで梅雨明け時の空模様のように。そして、まるでスコールのように。着実に温帯から熱帯に向かっている...そんなことも感じてしまいます。
上の写真は6日のもの。湧き上がる雲はなにに見える?
070807.jpg
翌日7日も夕立。このあと虹が出ていました。それも二重の!
虹の向こうにはなにがあるのかな?
TrackBack : 0
Comment : 0


だ・か・ら

070802.jpg
前々から親近感を持っていたのだけど...なんだか好きなDAKARAのコブタ
ダメさ加減が似ています。きっと彼は、ああすれば良かった、こうしなければ良かった...とウジウジ悩みつつも、しょうがないなぁと明日もやっぱり同じように呼吸をして生きていくのです。

あ、似ているのはもちろん体型も :)
でもって、動きはあれほど軽やかではないかと。あの動きはの主はバレリーナだったのねぇ。

■サントリー DAKARA のサイト
TrackBack : 0
Comment : 8
Category : 日々想々


八月朔日

070801.jpg
朔日と書いて一日(ついたち)。
ついたち餅としていまや有名な赤福の朔日餅は、八月朔日の「八朔」が始まり。
五穀の中で一番早く実るのが粟。その新粟を神様にお供えしすることに始まる、とのこと。庶民の間では、粟餅をつくり贈りあった風習、これが今のお中元の始まりだとも。(赤福サイトより)
--- この解説も、時代を追って変わっているのですが。
粟の入った餅を黒砂糖餡でくるんだ八朔は、味わい深く、好きです。竹皮包みを期待していましたが、小さいものは箱のみだったのですねー。ちと残念でした。
解説はともかく、実感としての八朔は「暑気払い」。暑い季節も頑張ろう的に感じています。このところ、あまり惹かれない感ある朔日餅ですが、これだけはやっぱり食べにゃぁ。
お仕事的にも新展開のこのごろ。元気に夏を乗り切りましょー!

■赤福
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 伊勢


カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。