This Archive : 2006年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クールダウン

6月も終わり。 今年の前半、3月まではかなりのんびりしていたけれど、4月以降は講座と新しい仕事、そしてお木曳きであっという間に過ぎました。 よくよく考えてみると、すごいペース配分だわ... そんな6月の〆は、仕事の後にお木Pの会議。そろそろ川曳き対策&具体的構想も、ってなわけです。 頭を使った(というほどでもないけど)後は、駅前のチェーン店じゃない居酒屋でクールダウン。ここのお店、けっこう好きです。 空腹に苛まれつつも、あまりの暑さにビールをグイグイ。いつ頃からこんなにビールが飲めるようになったんでしょうね。困ったもんです。 --- 本来は日本酒党でございます。 その後は自転車部隊(別名"伊勢の中国人")3人で、珠屋さんへスイスイと。やっぱり自転車はイイです。ステキな自転車が欲しいデス。 クールダウンのクールダウンもなかなか良いもので。 朔日参りには行けそうもないご機嫌さんですが、それもまた良いものです。あぁ、リフレッシュしました。 今年の後半もがんばろー!
スポンサーサイト
Comment : 0


エバーウッド

今年に入ってから東海地方では深夜帯に、「エバーウッド~遥かなるコロラド~」というアメリカのドラマが放送されていました。 最初は眠れぬ夜になんとなく観ていただけでしたが、佳境に差し掛かるにしたがって面白くなり、毎週放送を心待ちにするようになって。 新聞のテレビ欄を見ると、昨夜(厳密には今日の未明)が最終回と書いてあり、これは! と思い観ていたのですが、なんともスッキリゆかぬ結末で。 あまりに気になって調べてみたら、どうもアメリカでは2002年9月から2006年6月まで、4シーズンに渡って放送をしていたようです。 わたしが観ていたのは、その第1シーズンだった模様。 その結末は、要するに第2シーズンへと続くためのフリでもあり、そのためモヤモヤというか、続きを観なきゃ、と思わせる作りになっていたんですねぇ。 しっかりとその策略にハマッてしまいました。 だがしかし。第1シーズンはBS-iでも再放送をしているようなのですが、それ以降の放送の予定はないようで。 最初を放送するなら、続きのシーズンも放送してくれよ! このモヤモヤした気分はどうすればいいんだ!? ■BS-iの「エバーウッド」紹介ページ
Comment : 0


やっぱり負けるが勝ち

職場に早くも天敵のような人が登場し、どうしたもんだかなー、と思っていたのだけれど、なぜだか今日は妙にやさしい。 オソロシイ応答をしてきた原因はわたしの失敗だったとはいえ、それにしても最悪な人だと思ったものだ。 負けを決め込んでいる間に勝ってしまった? いや、勝とうなんてつもりはなかったんですけどね。イチオウ一つの人格として認められてきたってことかしら。 と言いつつ、さほど気にもしていなかったんだけど、あまりに猫なで声になって気持ち悪いぞー。 ま、日々おだやかに過ごせればそれでいいのです。なんかいいことあったのかなー。
Comment : 0


雨のち晴れ

060626.jpg 「雨だったらそれはそれでいいんじゃない?」 ひとりごちて心晴れる。
Comment : 0
Category : Feel


言語的表現力

自分の中での永遠のテーマは、「伝えなければ伝わらない」なんだけど。 ワールドカップも予選リーグを終わってみると、なんとも順当なベスト16が出揃ったような雰囲気。敗退したチェコを除いて。 今度のアジア枠、ヤバそうですね。 表題に関して書こうかと思ったけれど、急激にその気が失せてしまいましたよ。言語的表現意欲の喪失。 サッカーって、理論性ある言語的表現力を要するスポーツなんじゃないか、そういうことを書きかけたのですが、言語的表現力が不足しているようです。
Comment : 0
Category : 日々想々


精神論

職場に行ってみると、思っていた以上に早朝のサッカー中継を見た人が多く(それも主婦のオバサマ)、あらためてW杯への関心の高さに驚きました。 かくいうわたしも、開始直前にはたと起き、まさか奇跡が!? と淡い期待を抱きながらも、ゲームの様子が傾きはじめた頃にはウツラウツラ... 意識がはっきりしたのは、終了のホイッスルという始末でしたが。 精神論を振りかざすのは趣味ではないけれど、今回ばかりはそれぞれの気概とか意識、心の温度差というようなものを思いました。 見ていて不完全燃焼。 スカッとしたのはブラジル戦の玉田のシュートと、クロアチア戦の中田英のシュート(外れたけど良かった)くらいだった。 まったく「良くやった。」という気にはなれない今大会。 願うべくは、次回に繋げてもらいたいと思うのだけど、同じようなことを4年前、8年前にも思っていたような気がしてならないのだが... 無限のジャンプはいつ訪れるのか? やっぱり最後は気の持ちようというか考え方なのか。それとも、最後まで走り続けられる体力に尽きるのか。 走り続けることも気力によるものなのかもしれないね。
Comment : 0


夏至の夜

060621.jpg 日中はひどく暑くなってきたけれど、夜の風はひんやり気持ちいい。 夏はまだ。でもすぐそこ。
Comment : 0


ゆるゆると始動

のんびりと始めていたお仕事、7月から本格始動の見込みでしたが、急遽今日から少しずつ始動です。といっても、ゆるゆると。 此度は気楽に参ります。そうしてジリジリと本性を現す体で。
Comment : 0


昨日のお絵かき

060619.jpg お絵かき心理テストを試してみたい人は、上の画像を見ないでね。 昨日の講座で軽くやってみた心理テスト。 風景構成法という中井久夫さんが考案したもの。箱庭療法の平面版。中井さんは阪神淡路大震災後のこころ(PTSD)のケアにあたった方。 わたしはこの方法自体は知らなかったけど有名な方法らしいです。 当然ながら、だいたいの手順を先に読んでいるので、厳密なテストのように描くことはできないと思います。 わたしも最後の調整時間に風景としての整合性を若干描き足してます。(それができることも併せての今の心なの) これまた当然ながら、これで100%の人格がわかるわけじゃない。 YGとか一般的な心理テストの該当率も70~80%くらいで見て、複数の組み合わせなどからの総合判断なのだとか。 でも言われて見ると頷くことも多く、また昨日は参加者の描いた絵も十人十色なところが、なかなか面白かったです。 誰がどんな絵を描いた、ではなくて、ひとそれぞれ、が面白い。 わたしの絵心は...また別のお話デス。 興味のある方、やってみる?
Comment : 0


短い一日の徒然

先週思い立ったとおり、今日はアメリカンパワーヨーガ+ピラティスの2時間ぶっ続けコースを選択。 実のところ昨夜はほとんど眠れなくて、朝の5時ごろから1時間半ほどうとうとしただけで、お弁当を作り講座に出掛けた。 合間にちょこっと休憩と昼食をはさみ、午前中はそれなりに面白い講義+心理テストのハジッコをかじり、午後からは眠りをかみ殺すのに終始する。 その帰りには、父の日のプレゼントをなーんにも用意していなかったことを思い出し、通り道のショッピングセンターで買い物... 安上がりでごめんなさい、なのだ。 さて、その後のアメリカンパワーヨーガは、湿潤な日本の梅雨時にはさらにパワーアップする動き続けるヨガ。恐ろしく汗をかく代物で、もう大変。 しかし、ここまで汗も出ると気持ちよかったりもするのである。 いつもフーフー言っているピラティスがクールダウンに感じるのだから、やはりたまにはこっちも受けようかと思えてくる。 そして見始めたクロアチア戦。やっぱり不完全燃焼。 民放のスポーツ中継は基本的に好きじゃないけど、今日のセルジオ越後と松木安太郎の叫びは意外と嫌いじゃないよ。 ブラジルに勝ってくれたら喜び一層、と単純に思いたい。 とりあえず、今夜はきっと眠れそう。 遅ればせでキャンドルナイトしましょうか。火の元にはくれぐれも気をつけて。
Comment : 0


夕やけ小やけ

060616.jpg 新しい職場の良いところは、夕陽がよく見えること。 この1ヶ月あまりのことですが、その中でも今日の夕陽が一番キレイだったかもしれませぬ。やっぱりこのところ雨が多かったんだなぁと再認識です。 そういえばココでは仕事を始めたことを書いていなかったと、友人のbaobabのBBSの書き込みを見て気が付きました。 紆余曲折、モロモロの経緯があって今回の仕事を始めたわけですが、ボスの示唆するやるべきことも、ちょっとずつ見えてきたこの頃。 悪いところは目につきやすかったりしますが、良いところは、ぼちぼち見つけたいと思います。
Comment : 0


まかないおばさん

今夜はお木Pの中〆ということで韓国料理でお疲れさん会。 とにかくお腹が空いていたのです。今日は昼食を軽くすませて職場に向かい、7時に業務終了後、そのまま会場へ直行した次第。 と、まぁ、言い訳なんです。 料理の供給口に座っていたという利点を生かし、楚々とした女子部のまかないオバチャンと化してしまいました。そして職権乱用で食べた。 さらに、ついつい仕切りがち? 年をとるってのはこういうことか... このエネルギーは、「川」に向かってのチャージってことで。
Comment : 0


ムシムシ

060614.jpg 窓を開ける涼しい風が入ってくるけれど、締め切ってしまうと湿度が高いせいで蒸し蒸しする。 カラッと暑いのは平気だけれど、湿気が多いバテル体質。自律神経が逝かれていることもあって異常な発汗をしちゃったり。 蒸し蒸しは嫌さねぇ。 関係ないが、「むしむし」を変換したら、最初に「無視無視」が出てきた。 上の人に対しては"へつらう"ような猫なで声なのに、自分より下、あるいは異常に意識している相手に対しては突き放し攻めたてる人が大嫌い。 しかーし、どこにでもいるんだね。そういう人は無視無視。そんな今の気分にピッタリの変換でした。 その人自身にとっても良くないと思うんです。自分が勝って相手が負ければいいっていう考え方は、経験上、より良いものは生まないと。 少なくとも同じ組織にいる限り、自分が勝つのはもちろんとしても、相手にも勝つ力を与える。どっちも勝ってより勝てる...が自分のやり方。 勝ち負けって表現は、勝てばいいっていう意味じゃないですよ。 そんなわけで、今は負けるが勝ちを決め込んでます。
Comment : 0


ショウブ

060612_1.jpg
伊勢神宮・外宮、勾玉池の菖蒲が見頃だというので、出掛けた合間に見に行ってみました。
日ごろは人の姿もまばらな勾玉池にも、さすがに花の見ごろと言うことで、立派なカメラを手にしたオジサマ方などたくさんの人が。
この菖蒲、昨年も見に行ったのですが、今年は昨年と比べてみると、花のつきが良くないように感じました。生育の悪い株も多かったかも。
それでも梅雨の晴れ間の陽の下、紫や白に輝く花は美しく、清々しい気持ちになりました。
060612_2.jpg060612_3.jpg
個人的には、ひっそりしている勾玉池の方が好きですけどね。
■大きい写真はflickrにUPしてあります。

勝負のほうは...なんとも日本らしい負け方で。
こんなことは書きたくなかったよ。早々に眠ります、ハイ。なんとも親父ギャグっぽいエントリーですが、考える余力もなしデス。
Comment : 0
Category : 伊勢


筋肉の所在

今日の未明であるような昨夜は、やっぱりサッカーを見てしまいましたわ。 トリニダード・トバゴに目が釘付け。 前半はラフな感じでいやだなぁと思って見ていたけど、後半のスウェーデンがバテバテだったこともあるけど、眠れない試合でした。 わたしは評論家じゃないから判断基準はいい加減だけど、なにか感じることがあって面白ければ良しなのです。 初出場の初戦、スウェーデン相手に引き分けで勝ち点1。顔面蒼白なスウェーデンに対し、優勝したかのように泣いて喜んでるんだもん。 スティールドラムくらいしか知らなかった国だけど、なんか好きになった、単純なわたし。 そして今夜は久々のピラティスへ。 レッスンの休講日、個人的都合で2連続で休み...と続き、4週ぶりのピラティスだった。 宅ピラ(自宅で独自ピラティス)は細々としていたけれど、やっぱり気合の入り方が違います。呼吸の仕方からなんだかおかしくなっていたもの。 不摂生はしていたものの、意外と体重の増減はなかったこのごろ。でも、腹と背中の筋肉は着実に落ちていたようで、ツリそうになってしまいましたよ。 2週の欠席の間に、精鋭揃いのこのクラスは、ワンランク難しいところに進んでおりました。ブランクのある身にはツライよー。 気を取り直して来週は、パワーヨーガとピラの2時間構成です。 加齢に抗え! このカラダ(笑)
Comment : 0


片付けDay

お木曳き(と言っても一年次の陸曳きですが)も終わり、さらには講座もない週末。久々にのんびりなのだ。 で、なにをしようか...考える間もなく週末を迎えてしまった。 選択肢はいくつかあったけれど、この一ヶ月ほど放置していた棚の組み立てをすることに。春先からの模様替えの一環なのだ。 組み立てものは得意です。取り掛かり始めてから、30分ほどで完成。 キャスターも取り付けて掃除対策も万全。かな? スッキリしたなぁと設置計画も含めて自画自賛。 今回の棚は、その昔、エレクターと言う名で登場した金属製の棚。 当時仕事で扱った時にはかなりなお値段だったけれど、今はホームセンターで随分と安く買えちゃうんですね。 もちろん、素材は安っぽくなっているけれど、ビックリです。 部屋の一角が妙に無機質になってしまったので、ホコリ除けもかねてカーテンを加工したいのだけど、それはまた今度。 維持すること、それが大事だよなー。
Comment : 0


ワールドカップ開幕のひとこま

いよいよ開幕。サッカー好きです。熱中する点では野球よりも上かも。 で、試合ももちろんですが、こういう大きな大会では開幕セレモニーが好きだったりします。オリンピック然り、見ています。 これまでに気になったこと。  ・ヨーロッパのオヤジは半ズボンが似合う。  ・大太鼓のメーカー名まで消さなければならない、ややこしい権利関係。  ・白人の子供はかわいい。  ・セレモニーのセンスというか構成自体は微妙だ。  ・やっぱりベッケンバウアー。本家皇帝だな。 あれ、リッキー・マーチンは出てこないんだw
Comment : 0


梅雨入り

この地方も梅雨入りです。 雨は好き。しっとりと落ち着いた空気。張り詰めていたものが、フッと息を抜くような。なにかを取り戻すような。 ただ、朝の散歩! などと気分が高まっていた身にとっては、文字通り水を注されたようにも感じてしまったりもして。 あぁ、そうか。そんなに気負わず行けということか。 雨だからこそ美しいもの、輝くもの。そんなものと出会えたらいいな、くらいの気分でぷらぷらと出掛けてみよう。
Comment : 0


リズム&ビート

今月中は、仕事の勤務時間は短いけれど不規則なので、うまく生活リズムがつかめずにいる。規則正しい生活を送りたいんですけどねぇ。 イベント事もあったり(昨日みたいな)もするので、余計にそう感じるのかもしれない。元来怠惰な性格の上、まだ慣れていないためでもあるのだろう。 仕事も含めた日常生活がリズムなら、そこにメリハリを加える出来事がビートなのか。楽しくもあり、甘くも苦くもある様々な出来事。 良い音楽のような人生、それが理想だ。
Comment : 0
Category : 日々想々


お疲れさん

060606.jpg お木曳き一年次の陸曳き終了。そして一日神領民のおもてなしも終了! というわけで。 今日はこの一ヶ月の間、毎週末を過ごした北御門前もてなし広場で、一日神領民のおもてなしに関わった皆さんのご苦労さん会がありました。 お祭好きな皆さん、そしてさまざまな面でボランティアに携わった皆さんが集まっての打ち上げ&反省会です。 わたしはこの日もお世話係のお手伝い。とはいえ、美味しいお酒とおつまみをいただき良い気分で過ごさせていただいたのですけどね。 しっかりと会場の片付けまでした後は...仲間内で2次会へ。 某氏にビールをご馳走いただき、食べる・話す・飲む。食欲全開の夜となってしまいましたが、陽気な時間は生きる糧です。許します。許して。
Comment : 0


お楽しみはこれからだ!

お木曳き終了~ って書くと川曳き組には叱られるかもしれないが、陸曳き組&ちょっぴり一日神領民に関わった身としては、終わったゼ、って気分なのだ。 --- あ、川曳きにも突入予定です。 自分の記憶の中では2度目のお木曳なわけなのだが、前回の記憶なんてあやふやで、自分の参加したところの記憶しかない。 今回は一日神領民さんの奉曳お手伝いにも参加させてもらって、全国からいらした人々を通じ、伊勢の伝統の尊さを実感できたかもしれない。 また、観光地としてのスタンスの課題なども見えたような。 本当に、純粋に神宮へのご奉仕に来たという気持ちでいらっしゃるものね。迎える側も、真摯な気持ちで対峙しなければいけない。 と、難しいことは抜きにして、一日神領民さんたちが楽しんで良い思い出を持って帰ってくれればこちらも楽しい、という単純なお話なのだ。 もっとお囃子隊(仮称)にも行きたかったなぁ。 また今回、いろんな団の奉曳を見て、とても興味深かったです。一緒にウォッチングをさせていただいたみなさま、感謝。 さて、お楽しみはこれからだ!
Comment : 0


お木曳き"プチ"ウォッチ 0604

060604.jpg
陸曳きの最終日。この日は講座の日なので朝から津へ。
この日の奉曳については、事前になにかと話題を聞いていることもあり、気になってしょうがないんだけど、そこはそれ、とりあえずお勉強だ。
前日のお木曳き参加で疲労感はどうしようもなく一杯ながら、勉強の方も難しくも面白くなってきたので疲労も快感に感じられる?
講座が終わり、ソワソワと伊勢に戻ると家に誰もいない。もしや最後の一之木のエンヤ曳きに間に合うかもと駆けつけると...
やったー、間に合った! ずいぶん気をもたせらたけど、見事でした。
もし最後が見られなかったら悶々とした夜になったかもしれないが、見られたことで疲れながらも充実の一日だったかも。

それにしても、一之木の写真を撮ろうとしたのだが、出遅れたため後ろの方からだったので、まったくダメダメでした。惜しかったんだけどねぇ。
親父殿のデジ一眼に期待もしたが、ヤツも電池切れ...
とはいえ、4日の写真も少しはあるので、また後ほどUPするかも。
Comment : 0
Category : 伊勢


お木曳き出動

060603_1.jpg060603_2.jpg
朝から宮後のお木曳きへ。
天気予報では、晴れるとか雨になるとかコロコロ変わったけれど、蓋を開けてみれば晴れ。晴れ女は健在か? 今度は日焼けが心配なほどで。
二つの団が一つになっての奉曳なので、宮後にはお木曳車が2台あり、その2台を連結させて「二連曳き」をするというのがここの見せ場。
どんでんでは2本を、また、宮町のあたりで2台の車を並走させるというのも一部の写真好きオヤジの間では小さな話題だったりもして。

この日は5番車でその日の最終のため、ゆっくり出動。
川まで入る勇気がなく、どんでんを上りきる自信もなく、河原と坂下で見物です。天気はいいし暑くて川に入っても良かったかも。
それから出発までこれまた時間があるので一時帰宅後再出動。
再び出動の後は、これまたのんびりペースで出発。とはいえ、今回も元気な若者の近くに陣取ってしまい、オーバーペースに進んだのでした。
途中、宮町のあたりで車を2台に分け、ここからはアダルト&お子ちゃま車の方でのんびりと曳く。この車はエンヤ曳きもゆっくりペース。
曳き込みも北御門を過ぎたあたりで若者車のエンヤ曳きを見に戻る。
ちょっとした事故もあり少し大人し目にはなったけれど、それなりに良い曳き込みだったのかな。
貯木場まで車を曳いた後、外宮の御垣内参拝し、それでもって帰途に着いたのでした。
あー長い一日だった。ずいぶん歩いたし。
いろいろ思うこともありますが、超無責任なお気楽奉曳者の一日は、久しぶりに同級生なんかとも話したりして、楽しく面白いものでした。
左の肩口に謎の青あざができていたのはナゼ...?

■今回も写真はflickrにUPしてあります。
Comment : 0
Category : 伊勢


水無月

060601.jpg あれよあれよで6月。 水無月の「無」は、むかしことばで「の」を意味し、「水の月」ということなのだとか。 いよいよ梅雨の季節だが、もはや梅雨入りかと思われた先週までがうそのように晴れている。個人的にはとても嬉しいこと。 そして、暑い。 6月は衣替えでもあるけれど、今年はなかなか春らしい春にならず肌寒い日が続いたこともあり、いまだに衣類の整理ができていなかったりする。 いろいろと一段落の週明けには、これをまずやってしまわねば!
Comment : 0


カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。