This Archive : 2006年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


意外と人は見ていない

060531.jpg さて、これはどこにあるでしょう。 ってわかる人はほとんどいないと思う。ここは内宮前おはらい町の中。日曜日、慶光院曳きを見に行った時、ふと見上げたらあったのだ。 古い建物好きなので、気付いてたらチェックしていたはず。だけど初めて気がついた。何度となく通っているのに、いつも店先しか見ていなかったのか。 「ゑびや」という名の食事処で、一見今風の和風。その上はちょっと前の土産物屋の形跡が残り、一番下には昭和初期と思われるモダンな建物が。 建物の価値とかのお話ではなくて。 人が意識して見ている範囲は限られていて、ほんの少し目線を動かすだけで違う世界が見えたりするんだなぁ。 きっとこれまでにも気付かず見逃していることがたくさんあるのだ、そんなことを思ったのでした。 それと。 この建物が建てられたの頃は、モダンな雰囲気が最先端として、全国からお伊勢参りに集まる人にとっても物珍しく人気だったのでしょうね。 そして今、江戸時代の風情を取り戻そうと、街づくりを考える...そう思うと面白いものです。
スポンサーサイト
Comment : 0
Category : 日々想々


お木曳きウォッチ 0528:その2

060529.jpg
この日の外宮への奉曳は、川端町、西、今一色、荘、小俣町小俣の5団。きわどくもすべて見ることができました。
朝方こそ雨も少し降りましたが、その後は晴れて気温もずんずん上昇。それでも風のある気持ちよい気候はお木曳き日和で。

川端町は、木遣の采の振り方がハラリとしていて特徴的。エンヤ曳きでは、勢い良く北御門へと曳き込んで行きました。
続いて二見地区。こちらの3団のお木曳車は、高く組まないタイプ。横バランスでキュート、同行者のコメント。確かにカワイイです。
西は交差点のところで方向転換し、一気に北御門へと曳き込みました。こちらもなかなかスピードある曳き込み。火除橋まで乗り込むかという勢いで。
続いて今一色。ヤンチャな練り、何かやるのでは...という噂は聞いていましたが、出口造花(ローカルポイントです)あたりからのエンヤ曳き。
猛烈な勢いで駆け込んで行きました。あわわっと思う瞬間があったものの、あれよあれよという間で写真はちっとも撮れていないデス。
荘は一斉に采をバシッと叩きつける木遣が迫力ありました。エンヤ曳きは、車に子供木遣を乗せてというもので厳かに。
最後の小俣連さん、エンヤ曳きは見ることができおませんでしたが、立派な車とたくさんの木遣さんで、晴れ晴れとした奉曳でした。

■今回も写真はflickrにUPしてあります。
Comment : 0
Category : 伊勢


お木曳きウォッチ 0528

060528_1.jpg
サブタイトルは、かくも長き一日、だ。
恒例の外宮・北御門でのお木曳きウォッチに加え、今日は宮川から内宮までお木を曳く磯町の「慶光院曳き」があったので、合わせてチェック。
朝、外宮周辺と個人的にチェックポイントと思っていたスポットで待ち伏せ。
小用を済ませた後は、北御門でのウォッチ、それをひととおり済ませたら、再び慶光院曳きを見るべく内宮周辺へ移動。
そのあと、さらに宮後の上せへ途中合流。
060528_2.jpg
大まつりでは青森のねぶた風の山車が有名だが、今回は弘前のね"ぷ"た風の飾り車にしている。
さらに、もともと二つの団が今回は合併し一つになったため、お木曳車が2台ある...というわけで、2台を連ねた「2連曳き」で。
そんなことよりも、綱元で知人と共に曳くことになったのだが、とっても元気な周りのみなさんに影響され練っていたら、ぐったり疲れてしまった。
すっかり体力がなくなっちまいましたよ。はぁ。
途中から綱の中ほどに移動し、それからはおとなしく曳いたのでした。終了は午後10時過ぎ、帰宅は10時半過ぎ。

そんなわけで、今日のお木曳きウォッチの内容は、盛りだくさん&写真を整理する元気もないので、また明日。きっと。
Comment : 0
Category : 伊勢


お木曳きウォッチ 0527

060527.jpg
やはり雨降る土曜日。カッパを着てのお木曳きウォッチ。
今日は雨に加え風も出て、ほんのしばらく見ているだけで、体が冷えます。見るほうも大変ですが、曳いている方はもっと大変でしょう。
全体的に、早めの進行でした。そのために一番車の尾上町を見逃したのですが...
先週土曜のエンヤ曳きが交差点の中心でストップして綱切り、方向転換の後、一直線に北御門へ向かう団が多かったように感じました。
今日は、どの団も長い綱のままでゆっくりとNTT前の交差点を曲がり、北御門方向へと進んでいたように思います。雨のせいもあったのでしょうね。
いろんなパターンがあるものです。やっぱり興味深い、そんな先週と同じ感想を書こうとしている土曜の夜です。
明日は慶光院曳きもあるし、ほかにも...長い一日になりそうです。

余談ですが、観光客と思しき人が「あのカッパがなぁ...あんなの着てちゃダメだよ。」というようなことを言ってました。
でもね、けっこう長い行程なんですよ。
個人的美意識としても、カッパは着ていないほうがイイ姿だとは思うけれど、こればっかりはご容赦いただきたい、と思います。
梃子方や木遣方の人たちは、カッパを着てなかったりハッピの下にカッパを着るって方法をとっていたりもするんです。
透明カッパは、ハッピを見せたいせめてもの思いで着ているんです、許してね。

■写真はflickrにUPしてあります。
Comment : 0
Category : 伊勢


お木曳:慶光院曳きの予定

以前、お木曳きの予定に「28日の磯町は慶光院曳きで、宮川から内宮まで奉曳する」と記載しましたが、その詳細情報です。
Comment : 0
Category : 伊勢


週末はいつも雨

どうもこのところの天気の周期はそういうことらしい。 いや、先週末は土曜の午後から晴れてきたから、そうでもないのかな? でもなんとなくそう感じてしまう、お木曳きウォッチ。 いよいよ地元の団(といってもこちらでは特別に活動をしていない)の活動も始まるので、家人用の透明カッパを買おうとホームセンターへ。 ありますあります。自分の分は、ウォッチ用にすでに持っていたので問題ないが、改めて見てみると、すんごい山積み! 以前に、100円ショップでも猛烈な入荷状況だったのは見ていたけれど、ここでもそこでも...という感じ。 「お木曳き用」とか「ハッピが見える透明カッパ!」という文字に、商魂を感じます。もちろん、親切なサジェストでもあるんですけどね。 5月だけでも相当売れたんでしょうね。まさにお木曳き特需。 できればカッパなんて着なくていい、晴れた空を見ることができたらいいな。それが一番の望みです。
Comment : 0


曇りのち晴れ

懸案事項の答えを出して。 どうなることやらわかりませんが、やるとなったらやりますよ。きちんとクォリティ上げてお見せしますわ...と、ひとりごと。 こんなことを瓢箪から駒というのか、機運の流れに身を任せるというのか。後者を信じるわたしなのでした。 GWの頃から始まる春の恒例、くらくら病もそろそろ終わるかなぁと思っているのだけれど、こればっかりはスッキリしないのだなぁ。 あぁ、目が回る。。。
Comment : 0


文化人?

御遷宮のイメージソング、某氏のことが公に公開。 以前からそんな話は聞いていたけれど、歌っているのを見て聴いて、やっぱり... これはあくまでも個人的な意見ですけど、お木曳きの踊りに「よさこい」が登場しているのと同じくらいの戦慄です。 どうしてオヤジたちは、某氏とか※※の人とか、"文化人っぽい感じがなんとなくしちゃう人"が好きなんだろう。 なんとなく若者にも受けそうだし、って感じなのかなぁ。 スポーツの試合前(特にF1のとき)の国歌斉唱には、わたくし、北島サブちゃんを一人で推奨しているのですがねー。
Comment : 0


悩んでも迷わない

ちょっとお悩み事があり、先週からモヤモヤ・悶々しておったわけです。 自分の思考の基本は「悩んでも迷うな」。 あらゆる可能性を考え、じっくりと思案することはあっても、どうしよう...と迷いはしない。迷っていても答えは出ない、そういう考え。 とはいえ、そう簡単に、すっきりといくことばかりではなく。 でも、霧が晴れるような瞬間があるんですよね。ま、なるようになるよ。あ、これも思考の基本です。そんなにあっけない結論で良いのか、わたし。 だったら、悩んでいる時間がもったいないゾ、なんて言うことなかれ。そのプロセスは、後から響く意外と大切なものなのです。 ということで。ま、そんなもんだって...な今日なのでした。
TrackBack : 0
Comment : 0


お木曳きウォッチ 0520

060520.jpg
朝から雨が降り、上がったと思ったらまたまたザーッと降り、その後は猛烈な蒸し暑さ。
そんなことを繰り返した後は、さわやかなお木曳き日和!
これまでずいぶんとエンヤ曳きを見てきましたが、本当に様々です。チョコチョコと小さなアクシデントがあったこともあり、抑え目なのか?
それと、とてもアウトコースを取ってのコースを曲がっているように思えます。
もちろん、これまでは自分の団とその前後くらいしか見たことがなかったので、それが自分のスタンダードになってしまっている為もあるでしょうが。

今日は、馬瀬町、下野町、神社港辰組、小木町、大湊の順。
大湊の大集団がみどころだ、と写真好き親父達の間でも話題になっていましたが、その通りギャラリーも多かったです。
また今日のエンヤ曳きは、NTT前交差点の中心まで車を持って行き、そこで方向転換の後、北御門まで走り込むパターンが主でした。
最初の馬瀬町のエンヤ曳きでは、火除橋の手前で駐車場の方へ右折しそのまま走る、というコース。これは始めてみました。
砂利引きの地面に足を取られる人もいて、ちょっと心配しましたわ。
このコース取りは、小木町も同様で。こちらも車の軌跡がかなり揺らいでいたので、けっこう難しいのかもしれませんね。
そのほか、上社港辰組の、交差点まではゆっくり、そこからは一気に走り込むというのもきれいでした。

いやしかし、どこを見ても興味深いね、毎週見てても飽きません。今年は、日曜はあまり見ることができないのが残念デスわ。
■そんな写真はflickrにUPしてあります。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 伊勢


どっちつかず

060517.jpg 梅雨のはしりとはいえ雨がよく続きます。 どっちつかずのこの頃、どっちに転ぶか、それからもどう転がるか、転がってみなければわからない?
TrackBack : 0
Comment : 0


いつのまにやら

サッカー・ワールドカップまで一ヶ月を切っていたのですね。日本代表の発表もあって。明日の新聞はそればっかりに違いない。 なにやらそれどころではないこの地であります。 巷でも、ちっとも話題に上っていない...しかしながら、開幕の頃にはサッカーサッカーって言っている自分が想像できますが。 一時的に、コメント機能を停止しています。左のBBSを使ってください。
TrackBack : 0
Comment : 0


ある日曜の過ごし方

060514.jpg
今日は講座の日。
とても眠い講義で...ってのは、講師の方の資質によるものなのだけれど、あえて試練を与えるべく講義しているのか? とさえ感じるほどで。
こんなことなら、お木曳ウォッチのほうがなんぼ為になるか。

今日の写真はオヤヂぃが撮ってきたもの。超ロングエンヤ曳き中の一色町の尻。梃子の真ん中に座るツワモノが! 見たかったですわ。
しかし機材が良いと写りも良い...なんて言ったら腕を否定しているようなものですね。でも、実際の話、機材コレクターなんだよなぁ。

話は変わりますが、昨夜からコメントスパムがひどくて、鋭意対処中。その一環でコメントはメールアドレス必須にしてあります。
コメントの際は、架空のアドレスでも可なので、体裁だけ入力してください。
今は一段落しているけど、このエントリーを投稿したらまた来そうだ。根本対策は近々します。えぇ、今度こそ、本当に。
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 伊勢


勢いあまり

060513_1.jpg
雨のお木曳き、エンヤ曳き。
今日は勢いあまって郵便ポストがこけていました。
わたしは見ていませんけれど、現場の状態や心理状況とか、いろんな要素があってのことだったんでしょうね。
雨の奉曳、見るほうも曳くほうも大変です。
そんな日のウォッチャー...雨の中耐え忍ぶのは、初期のF1@鈴鹿でずいぶんと鍛えられておりまする。
でも、できれば絶好のコンディションで見たいものです。船江の新しい大きな車もカバー無しで見たかったし。お披露目したかったろうなぁ、とも。
060513_2.jpg
これは今日の最後、河崎六ケ町のエンヤ曳き。
2本の綱を揃えて肩上に上げ、通称「サッセ」でゆっくりと、でも厳かな雰囲気で入っていきました。これもひとつの選択肢。

それにしてもわたし、半分以上は見に行っていると思うんですけど、今日の事故も前回の信号倒しも見ていないんですよ。
決定的な現場を見逃してしまうタイプなんだな。
そうか、わたしが見ていれば事故は無い? んじゃ見に行かないと! いい感じの曳きを見せてもらって高揚感を味わいたいもんです。

本日のキーワードは、「緊張感」かな。
写真はまだ未整理なので、日を改めて。(ってあんまり撮れてもいないけど)

■追記■
写真UPしました。Flickrです。<こちら>
オヤヂぃの写真が意外と良かったのだ。<こちら>
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 伊勢


鞍馬サンドへ

060512_1.jpg 午後から小用で鈴鹿に行きました。 鈴鹿に行くなら...鞍馬サンド! オーナー氏にアポをとって久々にちょいとお話。 サンドイッチをこよなく愛する彼は、会う人に元気を与える謎のエネルギーを持ったヤツです。あれやこれやと近況報告などしつつ、馬鹿話をしつつ。 忙しい時間にお付き合いいただいて感謝です。 謎の計画もアンダーグラウンドで進行中...こちらも実現になんとかこぎつけないと。まとめ役、苦手だけどがんばろう。 そして、お持ち帰りサンドで今夜はホクホクです。納豆コーヒーゼリーサンドばかりが取り上げられがちですが、ほんと美味い! ■鞍馬サンド 公式HP 東京にも進出中デス。 
TrackBack : 0
Comment : 0


青空

060511.jpg 久々に太陽が顔を出した午後。 雨上がり、緑の美しい季節です。さて、深呼吸。 なにかと思案のこのごろです。
TrackBack : 0
Comment : 0


誤通報

今夜は家の近くの廃ビルで、クレーンを使って屋上看板を撤去しています。 土台の枠をカッターで切り取る火花がまぶしいぞ、そんなことを思っていたら、その火花を見て火事と勘違いした人が消防署に通報した模様。 消防車の回転灯の赤い光と、けたたましいサイレンの音に、消防団な家人は防災服に身を包み、雨の中を出掛けて行きました。 しばらくしたら雨も強くなってきたので、傘を持たずに行った家人に傘を持っていったら、ご町内の見知ったみなさんが集まってました。 誤報だったので笑い話になってましたが、日も変わろうとする頃に、集まる自警消防団&町内会活動(祭含む)熱心なみなさん。 こういう人たちの存在って、大切なんだよなぁ。
TrackBack : 0
Comment : 0


カルボナーラとわたし

060509.jpg
近くにパスタの店がオープンしたので、ためしにチョイと行ってみました。一人ランチですよ。それがどうした!
遅めのランチタイムでも満席で、少々ウェイト。オープン早々とは言え(オープン早々ゆえか?)、お手ごろランチにはマダムたちが集まるもので。
さて、何を食べよう...一押しのひとつと聞いていたカルボナーラに。なかなか美味しゅうございました。
しかーし、わたしにはちょっと重かったかな。
Comment : 4


五月の餅菓子

060508.jpg
と言えば、柏餅。
も好きですが、三重のあたりでは「いばら餅」も春から夏への移ろいを感じさせる餅菓子なのです。
柏餅は、餅っぽい生地にこし餡が個人的には定番。真っ白なモチモチッとした生地のやわらかさと上品な甘さには、ある種の「品」も感じます。
いばら餅は、いばらまんじゅうとも言われるごとく、生地は小麦粉系で、田舎っぽい甘さのつぶ餡。無骨ながら力強い餅菓子という印象。
それもそのはず、農作業の合間のおやつとして食べられたものなのだそう。
実は、そんないばら餅が好きだったりします。
楽しくも慌しく、先週末の子供の日を過ごしたので、今日は柏餅だ! と思って買いに行った菓子屋にいばら餅を見つけ、両方を堪能したのでした。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 食べること


メイクのチカラ

今日は講座の日だったので、ウォッチャーはお休み。 講座の後、知り合いに肌のお手入れとメイクをしてもらった。 プロの手にかかると、日ごろ不精をしていたり、昨日のこともあってあんなにボロボロだった肌がふんわりよみがえった。(いつまで続くかは不明) メイクもきちんとすれば、顔つきも変わるもんなんだねぇ。 やっぱりポイントは眉と目ヂカラか。あの眉だったら髪をボブにしても大丈夫な気がしてきた。今度こそ、やってみる?
TrackBack : 0
Comment : 0


雨に惑う

060507.jpg ある頃、「あきらめ」が自分の根本だと気付いた。それに抗うかのごとく、表面にはそのサカサマが現れてくるのだ。 すべてはきっと雨のせいだ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


今日もお木曳、木遣ボラ

060506_1.jpg
朝の7時集合でお木曳き一日神領民さんの木遣ボラ。
全国から神宮へご奉仕の気持ちでお木曳に参加してくださる、一日神領民さんたちの「おもてなし」がメインだ、というのがわたしの感想。
采(ザイ:木遣のときに振る)が男子仕様の重いものだったので、右腕と肩はヤバそうだけど、事故無く楽しんでもらえたようなので、こっちも楽しかった。
好きなことして、昼から酒飲んで...幸せやな。
二番車に和泉元彌が来ていて、みんなに囲まれていた。
本人もオカンもご機嫌で、写真に一緒に入ったり、「エンヤー」と叫ばされたりと言うかけっこう嬉しげに叫んでいたり。どうでもいい?
日差しが強く、手はしっかり日焼けしてしまいました。ま、いいよ。
060506_2.jpg
午後からは各奉曳団のエンヤ曳きを見る。どこもそれぞれ興味深い。
昨日の事故があって(軽く信号を倒すなんてことがあった)の今日だったので慎重に、が前提という様子。
そんな中、最後の二俣奉曳団はエンヤ曳きをした!
エンヤ曳きとは、陸曳の終着点・外宮北御門に向け、最後のコーナーを本木遣のあとに「エンヤー!」の掛け声で一気に曳き込む、見せ場のひとつ。
曳く側も、見ているギャラリーも、基本的にはエンヤ曳きを期待している部分があると思う。「やるらしいよ。」と、さざめきのように皆が伝え合っていた。
安全確保。警備も本部も奉曳団も、見ているほうも緊張しつつ、気合の曳き(走り?)で、きれいに入っていった。
北御門に入ると、まずは梃子さんたちが、続いて本木遣さんが感激の抱擁したりでこっちもグッと来た。
良かった~~ で、一緒に万歳したりした。

060506_3.jpg
おまけは、回送される一日神領民車。クレーンで吊られ、トレーラーで運ばれていきました。

■写真はFlickrにUPしました。
Comment : 5
Category : 伊勢


はじまったよ、お木曳

060505.jpg
お木曳一日目。写真は中島のエンヤ曳き。
今日は早朝よりどんでん~外宮前でのエンヤ曳き、さらには上せ車や帰り車と盛りだくさん。これからしばらくにぎやかだ。
各奉曳団ごとに様々な志向もあり、基本的に見ること好きなわたしはすべて見たい気分なのだが、今日は2車分のエンヤ曳きしか見られなかった。
6月上旬までの間にどれくらい見られるかな?

ちなみに明日はお手伝いに行ってきます。
朝が早いんだけど、ちょっぴり心配なんだけど、なんだか「おだって」いるみたいで嫌なんだけど、でもワクワクなのです。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 伊勢


マーマレード

060504.jpg 諸般の事情であまり外出できないゴールデンウィーク。 本日もプチおこもりが必至だったのだが、山のように甘夏をいただいたので、そいつを使ってマーマレードを作ろうなんて思ってみました。 ジャム作りは久しぶり。思いつきは良かったけれど、果肉をほぐし、皮を細切りにする頃にはちょっぴり後悔。 なんと果てしない作業...瓶の煮沸もせにゃならんじゃないか。 それでもグツグツ煮詰めて、砂糖も入れて煮詰めて、部屋中に甘い香りが漂い始めると、嬉しくなってくるのだなぁ。 製作時間は約2時間、甘夏とネーブルのマーマレードがジャム瓶に4つほどできました。味見の限りでは大人の味でナカナカ美味しい。と自画自賛。 ジャムって今やコンフィチュールなんて呼び名まで持ち出されて、ちょっとしたブームのようだが、自分で作るのも楽しいもんだと思いました。 自分なりのブレンドを考えるのも面白そう。少量ずつ作れば失敗してもへっちゃらだし、日持ちのこともそんなに心配しなくていい。 ただし、それ相応の時間は必要。だから今回は久々に作ろうという気にもなったんだが、これに味をしめて、ちょっとハマリそうな気もする... ともかく、明日の朝食が楽しみです。 さて、明日からはお木曳。すでに今日は上せ車もあった模様。 「あまり外出できないGW」なんて書いたけど、明日になったらじっとしてはいられないんだろうなぁ。早く用を済ませないと。
TrackBack : 0
Comment : 0


空青く我おこもり

ゴールデンウィークは後半に突入したらしい。しかし、今年のわたしには一段と関係のない雰囲気だったりしています。 今日もいまひとつほっこりしないので、家におこもり。(子守ではない) ここのところ、お木曳き関連の検索キーワードでココを訪れる人が増えてきているので、気になっていたことをちょっとだけUpしました。 気になっていたことというのは、お木曳きの詳しい日程やスケジュールが見られるサイトっていうのが無いということ。 ココはあくまでも個人サイトなので、公式に発表をされている情報を転載するというか、ちょっと噛み砕いて記載していければと思うのですが。 ほかに、2月の東京行きとかは自分の記録のために書きたいんだけどなぁ、さかのぼれば去年の台湾もか...先は長いぞ。 まずは、今週末が期限の作文、新しいお題分を書かねば。 余談だが、テレビで某鳥のことが放送されると、一気にアクセスが増えちゃうのですが、それについては申し訳ないので鳥の名前も書けないッス。 <このエントリー>
TrackBack : 0
Comment : 0


お木曳の日程

お木曳行事の第一年次が始まりました。

■御木曳初式(役木曳)■

●内宮領:4月12日(水)
   内宮正宮、荒祭宮、風日祈宮、月読宮、倭姫宮 へと役木が曳かれました。
●外宮領:4月13日(木)>>>
   外宮正宮、多賀宮、土宮、風宮、月夜見宮 へと役木が曳かれました
   奉曳団・・・小川町、河崎連合(旭通・南側)、中島町、本町、中島連合(出雲町、京町)、八日市場町、河崎六ヶ町
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 伊勢


伊勢のお木曳

伊勢神宮は20年に一度、社殿を新しく建て替え、神様にお遷(うつ)りいただきます。これを式年遷宮(しきねんせんぐう)と言います。
式年遷宮の制度は、今から約1300年前に第40代天武(てんむ)天皇が定め、戦国時代には一時の中断がありましたが、今に引き継がれています。
その際には諸社殿だけでなく、御装束・神宝までもが新たに作り替えられます。
平成25年には第62回目の御遷宮が行われますが、社殿の建て替えに必要な材木(=御用材)を運ぶ行事が「お木曳(おきひき)」なのです。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 伊勢


暑い、熱い?

昨日は暑い一日だったのだが、異様に暑さを感じていた。が、どうやらわたし自身が熱かったようで...風邪をひいていたようで。 たしかに鼻がグズグズして、それでもこれって鼻炎かな、と思ったり、暑いよ、だるいよ、なんて思っていたのは熱があったからだと確信しました。 今日の午前中はなんとか持ちこたえたものの、午後にはダウン。 古典的だけど、あたたかくして汗かいて寝ていたら、熱もおさまり気分はすっきりしてきました。 これって知恵熱だったのかな?
TrackBack : 0
Comment : 0


夏日!

060501_1.jpg 急激に暑くなりました。 仕事の研修が午前中で終わったので、頭も体もクールダウン...ということで、前から気になっていたカフェに行ってみました。 暑いときにはやっぱりアイスコーヒー。 静かな音楽の流れる店内、おだやかな雰囲気のオーナーさん夫妻。静かに、のんびり、午後のひとときを過ごしたのでした。 060501_2.jpg コーヒーだけじゃなく、レアチーズケーキも食べたさ... 060501_3.jpg お店の住所などはわかりませんが、松阪商人の館のすぐ近くです。
TrackBack : 0
Comment : 2


カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。