This Archive : 2006年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初夏の光を目に刻む

蒸し暑ささえ感じた初夏日和。 ちょっと思い立ち外宮へ。緑が一段とまぶしくなってきた参道を歩き、御正殿、風宮、多賀宮、土宮と順にご参拝。 木の気配に満ちた空気を胸いっぱいに吸い込む。吐き出す息に混じる邪悪なものをすべて引き受けてくれるような...そんな空間。 町からほんの一歩のところにある、コンパクトなこの空間が好きなのです。 表参道には、昨日から各奉曳団の"のぼり"が再び立てられ、お木曳きムードが高まってきていました。 と、こんなことを書いたときには、その写真をココに掲載しているようなものですが、デジカメも携帯も忘れたので写真はありません。 緑も美しく、写真を撮りたい気分ではあったが、カメラはない。 きっとこれは、余分なことを考えず自分の目と体すべてで今の空気を感じなさい、という神の思し召しではないか、そんな風に思えてきました。 初夏の光と若葉の緑、蛙の鳴き声。目に耳に、心に刻む。 そんな大それた光景でも出来事でもないのですが、そう感じたことは大きいことだと思えたのでした。 食欲の前に写真なし。これもまた真理なのですけれどね。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0


映画とおすぎさんと謎の中華

060429.jpg 新富座での「おすぎさんのトークライブ」に行ってきました。 いやー、わたしってそんなに映画を観るわけじゃないんですけど、テレビなど縛りのある場以外でのお話を聞いてみたくって。 これからのお勧めの映画、そしてお勧めできない映画など、歯に衣着せず、約1時間の予定をオーバーするほど熱く語りまくったおすぎさん。 ■お話に出た映画 その1 LIMIT OF LOVE 海猿、連理の枝、キャッチ ア ウェーブ、ALWAYS 三丁目の夕日 ■お話に出た映画 その2 RENT レント、ブロークン・フラワーズ、戦場のアリア、ナイロビの蜂、グッドナイト&グッドラック、デイジー、寝ずの番、かもめ食堂 もっとあったと思うけれど、記憶が定かではない。 1と2についてがどういう分け方か、ということは想像に易いと思うので明記しないけれど、想像の通りって感じです。 「評論家の意見はあくまでも『良い映画に巡り会うための近道』。映画として良い悪いではなく、自分なりに楽しめた点のある映画が良い映画。」 ずいぶんといろんなことを話しながらも、そう言ってらしたことが印象的でした。 あと、今は何事にも疑問を持たな過ぎるというようなこと、そうだよなぁ、とうなずくばかり。 このイベントとセットになっていたのが、「イノセント・ボイス」。 内戦下のエルサルバドルで子供時代を過ごし、14歳でアメリカに亡命した俳優が、自身の経験を脚本にした作品。 今もなお戦場に居る子供たち、武器を手にする機会、それを使ってしまうきっかけで運命が決まるんだな、それが自分としては本日のツボでした。 映画としてどうだったかとはわたしは書かないけれどね。
TrackBack : 0
Comment : 0


しずこころなく過ぐる日

060428.jpg 朝一で出掛けるつもりだったのに、出そびれた。それがすべての始まりだったのかもしれない。 午後は送迎人として、東奔西走。行く先々で、中途半端に時間が空いてしまい、その合間に出掛けた所では時間が無くて。 慌しく時間は過ぎ去った。 メールや手紙を書くときは、とても言葉を悩んで選んで書いていながらも、出してしまってから己の筆の至らなさに気付き、さらに悩む。 一方的なメッセージの伝達は、送り手も受け手も想像力が大切だ。 送り手になったら、自身が読み手となったときを想像し、受け手になったら文章のあらゆる解釈のしかたと送り手の本意を想像する。 とはいえ、送り手は無用な解釈を受けないよう、ストレートに本意を伝える表現に努めなければならないのに、そうできなかった時... 今日みたいな気分になるのだ。成長してないなぁ。
TrackBack : 0
Comment : 0


撮影講習会

今夜はお木P活動、「お木曳きを撮ろう! 撮影講習会」。
伊勢在住のフォトグラファー高田健司さんを講師に迎え、お木曳き撮影時のポイントや経験談、アドバイスなどをいただきました。
「お木P本」を作るにあたっての撮影ボランティア(記録協力)のお願いでもあったのですが、若者からベテランさんまで集まっていただいて。
高田さんがこれまでに撮影された写真をプロジェクターで見ながら、経験談やテクニックについてワンポイントアドバイス、そして質問コーナーもあり。
ここでは画像処理についてもアドバイスいただいて、個人的にも勉強させて(楽しませて)いただきましたー。
ほかにも神宮域内での撮影の注意事項など、知っていそうで知らなかったことの発表もあり、目からうろこって思ったりもして。
こういう機会をいただいて、本当に感謝。

来週末から一般奉曳ですよ! もうすぐ!

■お木曳\若い衆/プロジェクト2006
■フォトグラファー高田健司さんのサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 伊勢


本日の成果

060426_1.jpg 涼しく曇天。絶好の草ぬき日和。 日中車が停まっているスペースは草も生えないけれど、空いてるところは生え放題で本当にすごいことになっていた。いよいよ必要に迫られて。 2時間ほどでこの倍くらいのスペースと通路分は抜いたかな。 060426_2.jpg 成果のほど。 てんとう虫とたくさん遭遇した。住まいを奪ってしまい、ちと申し訳ない。除草剤はやっぱり撒かないほうが良さそうかな。 アスファルトにすると楽だけど、砂利びきが捨てがたい。 いろんな四季を感じる。地面が生きていることがわかるのだ。夏も涼しい。真夏には道路と駐車場の温度の違いがはっきりとわかるもの。 そんなわけで妙な達成感に包まれたのだが、けっこう疲れるね。 夕食後、ベッドで寝そべりながらネットで探し物をしてたら、そのまま寝入ってしまった。 同じような状態のところがあと2枠ほど...さらに今日は根っこの根絶にまで至らなかったので、まだまだ不満がいっぱいだ。 先は長いよ。ダイエットの一環と思って頑張ろう。
TrackBack : 0
Comment : 0


イケア - IKEA -

060425.jpg イケア。 スウェーデン発の大型家具チェーン。 「毎日の暮らしをより快適に」 機能的でデザインに優れた家具・雑貨を適正な価格で販売する大型家具家庭用品店。 販売だけじゃなく、レストランやカスタマーサービスにもとても優れているらしいです。働く人にとっても働きやすい職場だとも。さすが福祉先進国だな。 24日、船橋に日本1号店がオープンし、ニュースや行った人のBlogを見かけたりして。で、言いたいことは、 「行きたい!」 2号店は横浜港北、その後は神戸にも出来るらしいけど、この後も随時オープンの予定なのか? もっと近くにできないかなぁ。 カルフールには行きたいと思いながら、行かぬ間にイオンになっちゃったんだけどね。 北欧デザインブームの日本だけど、ブームでは終わらないだろうな、と根拠の無い想像。(70年代にも一度日本進出したけどその後撤退した) 名古屋エリアにも出来ないでしょうかね。 ■IKEA 日本 060425_2.jpg
TrackBack : 0
Comment : 0


100円パン

060424.jpg 朝から小用で松阪へ。 30分程で用は済ませるつもりが2時間もかかりグッタリ。 ちと思考能力が欠如してしまったので、その件は再考中なのだが、風に吹かれたり嵐に向かってしまう性格でもあるのだよなぁ。 たぶんナンのことかわからんでしょう。うぷぷ。 帰りに、100円パン屋に寄る。噂に聞いたとおり、サンドイッチやバーガーもどれでも100円。 やっぱり思考能力が欠如していて山盛り買ってしまったわ。 あ、いつもか。 コストパフォーマンスには十分満足♪
TrackBack : 0
Comment : 0


作文って

読書感想文は嫌いだったけれど、作文を書くのは好きだった。 --- 読書感想文は書き方(=先生方のお好みのことを書くコツ)を覚えれば、簡単に市内入選くらいなら取れたりもするが。 が、久々に作文を書けなんて宿題をもらってあたふた。 報告書や企画書などは書くことがあっても、作文ってものは、せいぜい就職試験を最後に書いたことないものだ。なんか照れくさい。 もっとも、お題は2週間も前に出されていたのだから、さっさと片付けろよってことなんだけど。夏休みの宿題と一緒で最後に慌てているのでした。 PCって便利なもんだなぁと、コピペしながら思う夜。
TrackBack : 0
Comment : 0


木造始祭

060421_1.jpg
お木曳き(ご遷宮)行事のひとつ、「木造始祭(こづくりはじめさい)」を外宮で見てきました。
木造始祭は、式年遷宮の御造営の工事開始に際して作業の安全を祈り行われる祭儀です。
古式ゆかしい装束の神官たちが、御正殿に続いて多賀宮遥拝所でもご参拝の後、祭儀の行われる五丈殿へ粛々と進んでいきます。
五丈殿で饗膳(きょうぜん)の儀を行い、同殿前に安置してある御木曳初式で奉曳された御料木に小工(こだくみ)が忌斧(いみおの)を打ち入れる。
と、一応の式次第はわかるのですが、どの動作がどのご祭儀なのか、今ひとつ理解できていないことはご了承ください。
060421_2.jpg
古式ゆかしい儀式の中で、物忌の童女が目を引きます。
「物忌の童女」なんて言っても小さな子供。
長い儀式の間、じっとしているのは至難の業か、両隣の神官が声を掛けたり励ましたりしているらしい様子がなんとも微笑ましかったです。

ゆったりとした時間の流れの中で執り行われるご祭儀。
一般の参拝客や地元の人間にもそれほど知られておらず、マスコミ関連の他は、それほど人が集まったりはしていませんでした。
途中でわたしはタイムアップ。最後まで見てみたかったなぁ。
木造始祭は、各別宮でも順次、執り行われる模様です。<伊勢神宮のサイトより>興味のある方は行ってみては?
別宮ではゆったり見られそうです。わたしも逐次出没してみます。

■写真は番外編も含めFlickrにUPしました。
右側のサムネイルをClikしてください。大きな画像を表示します。

■伊勢神宮
■伊勢神宮式年遷宮広報本部公式ウェブサイト
Comment : 0
Category : 伊勢


行ったりきたり

060420.jpg 家人の送迎人となり、朝から夕まで行ったりきたり。 距離にして30kmくらいのエリアを、トータルで120kmくらいは走ったんじゃないだろうか。 合間あいまに待ち時間があったので、手近なショッピングセンターに行ったりもしたけれど、目的の物はあらず。明日以降に持ち越し... それでも、意外な店でちょっと気に入った物が見つかったのはちょっとした収穫。 しかし疲れた。得たものは、欲しい物は欲しい時には無いという真理。 朝方の激しい雨が嘘のように晴れたあたたかな一日。風に翻弄されどこからか飛んできた桜のひとひら。 桜の季節を惜しむように、八重桜が見頃を迎えています。
TrackBack : 0
Comment : 0


采づくりと大皿

060419_1.jpg 今日は5日に折り折し続けた紙のその後の加工。御木曳きの一日神領民木遣りで使う「采(ザイ)」を作る。 采とは何かと聞かれたら...木遣りの者が、木遣り唄を唄う時に手に持ち、節に合わせて振り回すもの。合いの手も同様に振ります。 --- このあたりの説明は、ただいま勉強中。 八角形の棒の先に折り折した和紙を貼り、結わえ、貼り、結わえ...本来は釘で打ちつけて紙を留めたりもするのだが、今回はこの方法。 060419_2.jpg 悪戦苦闘の末、最後の仕上げの手前までこぎついたものの、本日は時間切れ。明後日には完成する見込み。 一仕事の後は、駅前にできた居酒屋へ偵察に。 チェーン展開している店なので、それほど期待せずに行ったがナカナカ良いのではないか、コストパフォーマンス高し。 それにしても、皿のでかさには笑った。ほかにも笑えた点が多々あったけれど、ここで書くのはやめておきます。
TrackBack : 0
Comment : 0


黄砂

今年は黄砂が多いような気がします。東京都心でも6年ぶりに観測されたのだとか。
はるか彼方の大陸の砂漠から飛んでくる小さな砂粒。
遠くハワイやアメリカ大陸まで届くそうで、意外と栄養分が豊富で、ハワイのジャングルを維持するのににも貢献しているらしい。
中国の内陸部の都市なんかの砂塵を見ていると、ちょっと恐ろしくなる。地球温暖化との関連だとか、気になってしまうんだなぁ。
■気象庁「黄砂に関する基礎知識」
■国立環境研究所「いま地球がたいへん!」

黄砂の話題、東京のことに触れて今日は大々的に報道されていたけれど、こちらでは月曜の夕陽は月みたいで幻想的だったんだよ。
ニュースは東京中心で流されるけれど、特に桜の話題とかにはこの小さな島国の中で、大いなる時差を感じてみたりするのでした。
Comment : 2


あぁ、車検

講座の帰りに車検の終わったCLIOの受け取りに行った。 7年乗って3万kmくらい。 走行距離はそんなにないしオイル交換は定期的にしてることもあり、これまでの車検ではこれといった問題はなかった(ワイパーブレード交換くらい)。 が、今回は、リアのホイルシリンダー、ATFオイル漏れ、ファンベルトが緩んできてたり、マフラーブラケットも亀裂アリで。 リアのブレーキとファンベルトは、自分から違和感を伝えた箇所だったから納得とはいえ、さすがにバッテリーも交換した(これが初交換で驚かれた)。 相当な金額がかかりましたわ。 あ、オイルとエレメントも交換したんだった。 今回の整備担当はいつもの人と違って最初は愛想無いと思ったけど、朴訥としつつ丁寧な説明でオバハンの話に付き合ってくれた。 「車屋さんでこんなこと言っちゃ悪いけど、この車気に入ってるから、 まだもうちょっと乗りたいんだ。」と言ったら、 「この頃の車ならまだ大丈夫ですよ。」と言ってくれちょっと安心。 でも、そろそろボロが出てきてもしょうがないなぁ... 1週間ぶりのCLIOは、代車だったずいぶん古いカローラよりも出だしは重いけど、落ち着くしやっぱり好きなんだなぁ。愛着なのかな。 走りはじめにワイパーとウィンカーを間違えて(CLIOは左右逆)、ライトを点けるつもりがリアワイパーを動かしてしまったのには、二人して苦笑...毎度の儀式ナリ。 大事に乗っていこう。よろしく。
TrackBack : 0
Comment : 4


同世代の集いと名古屋ブラブラ

金曜の夜は、同世代の集いにて飲めや歌えや。 いやぁ、ひっさびさに発散させていただきましたよ(と言うほど思い悩んではないが)。幹事ちゃんに感謝、楽しい時を共有した友人に感謝。 同世代っていうのは記憶の前提が同じなんだよね。 だからといって、違う世代の人といると気を使いすぎる、なんてわけでもない。人生の先輩や若者(!)とお話したり一緒にいるのも面白い。 でも、懐かしいという感情はとても心に強く働きかけるものだから、同世代には安心感を持ってしまうのだろう。 さて。この日は名古屋に泊まったのだけど、翌朝目覚めたら足がむくんで靴がキツイ! こんなこと初めてですが、水分(?)の摂りすぎのようで。 朝一番の行動は、名駅で靴を買うことだったとは、なんたるや... 060415_1.jpg 足が落ち着いたところで向かったのは、名古屋市博物館。開催中の「世界大風呂敷展」を見てきました。 風呂敷は日本だけのもの、そう思いがちだが、物を包む布というものは世界中にあって。そんな世界の包み布が展示されています。 各国の刺繍や染め、その包み布の使い方などとても興味深いです。デザイン系の学生さんたちが熱心にメモを取りながら見ていたのが印象的で。 もちろん、日本ならではの風呂敷も、絵柄や紋の出し方など、職人のこだわりや日本の美意識が見られて面白いものでした。 学生時代は瑞穂に住んでいたので、久々に訪れた桜山も懐かしかったなぁ。天気が良ければ住んでいたあたりまで足を伸ばしたかったのに。060415_2.jpg 久々に食べた「矢場とん」の味噌カツも懐かしい味でした。 「懐かしいという感情」についてちょっと思うことがあるけれど、まだうまく頭の中でまとまらないので、また今度。 --- また今度と言いつつ速攻で書いたためしがないのはご愛嬌。
TrackBack : 0
Comment : 0


役木曳き 陸曳き

060413_1.jpg
御木曳き初式、昨日に引き続き今日は外宮領の役木曳き。
外宮の正宮およびその別宮、月夜見宮などの役木を曳くのは7団です。早朝6時からこの日の行程は始まるのです。
役木だけに限らず、外宮領の陸曳き(おかびき)では、宮川の貯木場にある御用材を御木曳き車に載せて、外宮まで運びます。
貯木場にある木を橇に載せ河原を曳き回し、それを堤防(堤)の上の「どんでん場」まで曳き上げ綱を引き合い、どんでんします。(上の写真)
どんでんすることで、御用材についた水を飛ばす目的があったのだとか。
かつては荷役としての役割を担っていた御木曳きも、今は様式的な民俗行事、お祭りとしての面が強く、ひとつの見せ場・お楽しみとでもいうのか。
どんでん場を乗り越えた御用材は、御木曳き車に積み換えられ外宮へと曳かれて行きます。
060413_2.jpg
外宮の北御門(きたみかど)の手前、直角のカーブを一気に曳き入れる「エンヤ曳き」が陸曳きのクライマックスですが、今日は走らずに、とのこと。
ワン鳴りを響かせ、きれいに入っていきました。

写真は少しFlickr!にUPしてあります。
Flickrでは右側のサムネイルをクリックすると、写真を拡大表示します。(なんて説明しなくてもわかるか。)
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 伊勢


チラッと役木曳きを見に行く

060412.jpg
いよいよお木曳きもスタート。
ということで今日は内宮の役木曳きがありました。役木曳きとは「お木曳き初式(おきひきぞめしき)」のことであり。
正宮や別宮の棟持柱 ( むなもちばしら ) などにあてられる代表的な御用材を、ゆかり深い特定の町の住民が神域に曳き込むのです。
=伊勢神宮式年遷宮 広報本部 公式ウェブサイト より=

が、 午前中の川曳きは心身ともにメロメロのため行けず。
夕方の倭姫宮への木の曳き入れを見たいと向かったものの、運行が遅れているとのことで、待ちきれず...
うーん、主婦業&介護(笑)は辛いッス。

でもって、写真は運転中に遭遇した役木曳き。

明日の朝は「どんでん」を見に行きたいと思いつつ、 早朝に起きられるのか?
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 伊勢


花散らし

060411.jpg 朝から雨。いよいよ本降り、夕には嵐。 花散らしの雨を恨めしい。天候さえよければ、今週前半は上野とか桑名とか京都とか、行ってみたかったのに。 と、ここで愚痴ってみる。 明日は内宮の役木曳きは決行だそうだけど、行けるかな。
TrackBack : 0
Comment : 2


新しいこと

昨日の日曜から、とある資格の講座に行き始めました。 またなんだか遠回りしている感もアリなのですが、それより前にやることあるだろうって感じでもあるのですが、刹那的な不安解消なのかもしれませんが... 妙に興味を持ったことなので、チョイト頑張ってみようかと思っています。 が、ここのところのバタバタ続きの上、日曜の朝は7時半に家を出なければならなかったり、講義はお昼休憩を挟んで午後4時半までみっちりだったり。 おまけに、未体験のことが多々、さらには会いたくなかった人(理由は色恋沙汰ではない)がその講座にいたり...で、ぐったり。 ようやく復活した次第です。いろんなことがこの一昼夜で自己解決を見たので、新たな気分で何にでも取り組もうかと。 これから半年ちょっと、脳味噌にも刺激的な日曜となりそうです。
TrackBack : 0
Comment : 0


夜桜 おまけに木遣

#デジカメのデータが取り出せないので、携帯写真ですが。 060408_2.jpg 今日は夜桜・木遣の日。 お木P活動の一環、桜吹雪の"どんでん場"でワイワイと、時々木遣なんかも交えて、もうすぐ始まるお木曳きに向けて気分を盛り上げようの会。 あんまり堅苦しいものじゃないです。 わたしはおでん隊の一員として、昨日からコンニャクとゆで卵をぐつぐつ煮込んでおりました。あー、おいしかった、と自己満足、自画自賛。 厚生班、工務店チームなどなど素晴らしいチームワークで、自前でライトアップされた桜の下で、楽しい時間を過ごしましたワ。 あ、木遣り班が一番の大健闘ですね。 黄砂舞う強風のもと、ちーと寒かったのは残念でしたけど、こればっかりはしょうがないからね。 060408_1.jpg 昼間はこんな感じでした。赤土のところの頂点がどんでん場。 お木曳きの陸曳きの御用材は宮川からこのスロープを通り、どんでんされた後、車に積み込まれ曳かれていきます。 宮川堤は桜の名所。橋の向こう側は提灯が吊るされ出店も並び、お花見客もたくさんいるスポットです。こちらはひっそりしていい感じでした。 真っ暗な中でライトアップしていたので、一般の方の撮影スポットになってました。てか、下の通路から相当目立ってて、ちょと恥ずかしかったかも? いや、かまわぬ。 写真はまた明日。かな?
TrackBack : 0
Comment : 0


こんな春の一日

060407_2.jpg うららかに晴れ渡った、お花見日和の春の朝。 いきなり母親が「足が痛くて立ち上がれない」なんて言うもんだから、のんびりムードは打ち破られ、たいそう慌しい日になっていくとは。 病院→紹介状をもらって別の病院→小用で松阪→最初の病院に戻る→おでん隊 etc...その合間に家事一式、介護活動、一人花見 な一日。 あっという間に時間は過ぎて、本当に疲れましたわ。ま、妙な充実感もあったりするのですけどね。 060407_1.jpg 一人花見は松阪城跡へ。石垣と桜の組み合わせが好き。 だけど、久々に来てみると、ちょっと感動が薄れて感じました。桜に勢いが無く感じるのは気のせいだろうか? それとも思い出は美しいのか。
TrackBack : 0
Comment : 0


うまくいかない...

ココをいじっているのですが、ちょっとうまくいかなくて。 さっきも誤ってコメントをひとつ消してしまいました。情けない... ちょっとしばらく挙動がおかしいときがあるかと思いますが、あいつドンクサイなぁ...と笑って許してくださーい。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : Web and Blog


凹んでみたり復活したり

実は1日から今日まで、親類が入れ代り立ち代り家にやって来ていて、のんびり暮らしペースはちょっと乱されて。 1、2日は叔母が同窓会のためお泊り。 3日には伯母が孫(いとこの子供:7歳)と共にやって来て、地元に住む伯母、我が母、叔母と共に鳥羽へとお泊り。よってわたしは主婦。 4日、叔母は鳥羽から直接帰ったが、伯母と孫はウチに泊まる。 そして本日午後、伯母と孫が帰途につき。 雨の日が多かったので、ちょっとした移動にも車を出したり、普段いない子供が家にいたり...なにかと無意識に気疲れしたようです。 その合間に、別件でちょっと凹んだこともあったしね。
TrackBack : 0
Comment : 0


成分解析

Yahoo!のトピックスに出てたけど、 マイミクさんたち(ガキさん筆頭)にやってたので、わたしもやったよ。 元記事は<こちら>
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : Web and Blog


サクラサク

060403.jpg バタバタ中の合間を縫って、桜の様子を見に宮川堤へ。 昨日までの冷たい雨が上がり、めきめきとあたたかくなってきた午後。桜のつぼみもほころんで、3分咲きくらいでしょうか。 人出はぼつぼつ。春休みなので学生が多いのかな。のんびりムード、親子連れが屋台でおやつを買って楽しんでいるのが微笑ましいです。 夜の宴会準備組が少しづつ集っているが… 今年はゴミ問題、大丈夫なんだろうか。 昨年はニュースになったほど無法地帯となったゴミ。予告のとおり《ごみ箱は無い》との告知があるが、ヤマは今週後半か!? ゴミは自分で持ち帰りましょう。コレあたりまえ。
TrackBack : 0
Comment : 0


2006F1 オーストラリアGP

HONDAのバトンがポールポジション! HONDAそしてバトンへの期待感に包まれての決勝だったのですが... ■バトン、まったく伸びなかったですね。最後には火までもが。なんなんだろう。盛り塩でもしたほうがいいのかもしれない。(あくまでも個人的発想) ■アロンソのSC明けのダッシュはすごい。それだけじゃない、どこからでも抜いて行きそうに感じるのは、王者の風格ってヤツか。 ■スーパーアグリの二人、これはよくやったって感じでしょうか。井出が完走、琢磨もスタートが良かったし、まともなバトルができたし。  またまた次戦への期待を持たせてくれました。 もうグシャグシャすぎてこれ以上は語れません。 いやしかし、地上波も珍しく生中継なのかな、と思っていたら、とんでもない。「衛星中継でお届けしています」って「衛星生中継」じゃなかったんだな。 SCが4度も入った波乱のレース、中継の最後はLiveになったけれど、その時ずいぶんと端折られてしまっていたし。 やっぱスカパーにしろってこと? でもしないけど。
TrackBack : 0
Comment : 4
Category : Formula-1


朔日参り

060401_1.jpg
早起きしたら朔日参りにでも行こうか、そんなことを考えていたら、今朝は本当に早く目覚めてしまったので、逡巡の後、内宮へ行くことに。
アラームが鳴る前に目覚めるなんて、体は心に従うものだ、そう実感する。(もちろん、心が体に従うこともある。)
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 伊勢


ツバメ

060401_9.jpg 赤福本店の軒下。 久々にほんの少し暖かくなった今日、ツバメが飛ぶのを発見。注連縄の上に巣を作りかけているようです。 060401_6.jpg ヒカンザクラは見頃でした。 東京では桜が満開とのことですが、ここではまだほころびかけたところ。昨日は津で開花宣言されたそうです、もうすぐ見頃かな。
TrackBack : 0
Comment : 0


カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。