This Archive : 2005年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


教えることは...

相変わらず新人嬢の指導に疲労困憊です。 仕事の一部を引き継ぎもってという状況なので、彼女の動きを横目で見て把握しつつ、フォローする。 小姑のように口出ししたいこともあるけれど、いや、実際には口出しすることも時にありつつ、でも基本的には任せる。 うまく進んでいる様子のことも、おおもとの部分を理解して進めているかさりげなく聞いてみるが、どうやら理解できていないらしい。 わかり辛いところは質問・報告するようにとクギを刺しながらも、彼女の質問の意図するところが読めないことが多く、こっちまでこんがらがる。 要は、なにもわかっていないということなのだけれど、いつまでたっても手取り足取りでは彼女にも進歩はない。 わたしの思考はスパイラル。 まぁ、なんとかなっていくんだろうけれどね、ふぅー。 なんだか愚痴になってしまいましたが、教えるということは、改めて自分でも再確認するということですね。 「聞き手の粗相は言い手の粗相」。日々精進です。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


困ったことに

あさって、6月1日からは夏服です。 ここ数年は、暑さから夏服早期スタートとして5月20日頃から半袖夏服も可になることも多かったのですが、今年はさっぱり。 それどころか、寒くてカーディガン必須って感じです。 感覚的に今年はなかなか暑くならないと感じていましたが、そういえば...と納得しました。 それよりも。 夏服、キツーイ! 大ピンチです。 2週間ほど前から、なんとかしなきゃなぁと思いつつ、なんともなりませんでしたー。あーぁ。 もうひとつの困りごとは、ここのサーバ。 ここ最近、どうも調子が悪くて更新動作が完了されず。エントリーはできるけれどping送信ができない状態が続いています。 これまで順調だったし、容量もまだ十分。MTの設定は変更していないので、パスやパーミッションとかに間違いはないと思うのですが。 代用ツールを見つけて対応するようにしましたが、近々に管理会社に問い合わせてみないと。 んー、身の丈に合ってない行動です。頑張ろう。
TrackBack : 0
Comment : 0


F1 ヨーロッパGP:決勝

BARホンダ、佐藤琢磨の復帰! わたしにとって、これが最大の要素でした。 今夜も感想つらつらと。 ■ヨーロッパGPから予選が土曜のみになりました。やっぱりこの方がわかりやすい。 ■BAR。佐藤琢磨にとっては相性の良いニュル。5週ぶりに火の入るエンジンが気掛かりでしたが、それよりも予選の出走順の影響も大きかったようですね。バトン共々、次こそは期待! か? ■あちらこちらで小競り合い&トラブル発生の模様。あまり把握できていません。そんな中、■の4位はさすがだね、伊達に■じゃないのねん。 ■最終ラップのライコネン、不運としか言いようがありません。もちろん、タイヤにもっと優しく走れば...なんてことも言えるのかもしれませんが、そうは思えませんね。フライング・フィン、次も楽しみにしているよ。 ■アロンソ、棚からぼた餅? それまできっちり走っていたが故ですね。フラビオと抱き合う姿は濃いなぁ。 しかし、レース中のタイヤ交換無しの今年のレギュレーション、危険を感じます。これからの暑くなる季節、大丈夫なんでしょうか。 今回のライコネンのリタイヤ時、バトンも巻き込んでいたらと考えると、怖ろしいものがあります。 先日来、FIAのサイトでは、ファンに向けてアンケートを行っています。 その中でGPをどう変えていったら良いと思うか、という項目があり、選択肢の中のタイヤ交換復活に迷わずチェックを入れましたよ。 危なっかしい走りには面白いものもありますが、人為的な危険は見たくないですからね。 日本語での回答ですから、気になる方は、ぜひ! ホンダいぢめがあるらしいが...!!!
TrackBack : 1
Comment : 5
Category : Formula-1


信じる者は...

占いなんて信じないほうなのだが、たまたま機会があり見てもらいました。 四柱推命+手相。 いや、これが驚くほど痛いところを突かれていて、笑うしかなかったです。 一番気になっていることを、何も言わぬ間についと言われてしまい...ま、良い決断らしいので、良しとしましょう。 ちなみに恋愛運は、2年前が最強の時、そしてこれから40代前半にかけて良い時期が続いているのだとか。 一部当たっている。しかし...ほんまかいな。 その次は50代らしいよ。ビミョー。
TrackBack : 0
Comment : 0


落語から徒然

タイガー&ドラゴンのヒットの影響で、落語が注目されているらしいです。 浅草演芸ホールだとか、新宿末廣亭だとか、観客がずいぶんと増えているそうで。 かつて通りかかった時の閑散とした雰囲気(入っていないから中はわからないけど、たのむから見てってと客引きされた)、からは想像できません。 「今度こそブームで終わらない?」との質問に、噺家の方が「いや、終わりますよ。」と答えていらっしゃったのが印象的です。 関西ではバラエティのひとつとして、落語という話芸が普通にテレビ番組で放送されていました。 「らくごのご」のことを思い出します。 桂ざこばと笑福亭鶴瓶が、客から出された3つのお題を入れて即興落語をする番組。 すいっとオチが決まった瞬間のはぁーっと感心する爽快感はもちろん、話に行き詰ったザコビッチが崩れ落ちていく様も面白かったものです。 江戸の粋とは違うでしょうが、また放送してくれないでしょうかね。 でも、寄席に入ったことがないので、一度は寄席で見てみたいものです。あの時、浅草で入ればよかったなー。 鶴瓶さん、名古屋で「スジナシ」という番組をやっています。ゲストと二人、台本無しでお芝居を成立させるというもの。 過去にも絶妙な回がたくさんあったが、今週は宮藤官九郎のリベンジ回で。やはりこの人は練りに練るタイプの人なんだなぁ、と思う。 疾走感はあるけれど、とても周到というか。当たり前だが、なさけなさと判断力のバランスが面白いのだね、本も。 あー、つれづれの行き先は、クドカンになってしまった。 そういえば、文春の育児日記、本人も書いていたとおり、奥さんとの「のろけ日記」ですね。 ま、それも良いではないか。これで少子化に歯止めがかかったならば、厚生労働省も喜ぶし、社会のためになるではないか、わたしも嬉しいよ。
TrackBack : 0
Comment : 2


紙ほど重いものはない

職場に届いた刷り上がりの印刷物を運ぶべく、カーゴを引こうとしたら、尻下の筋肉がピクリと動いた。 夜になってみると、ふとした拍子に痛みが走ります。 情けないけど、こんな所にも筋肉があったのかと考えると面白い。 紙って重い。一枚だけなら微塵の重さも感じないのに、本になったり、コピー用紙の束だったりは恐ろしく重い。 電子媒体化が進んでも、紙の消費量はあまり減っていないそうです。 個人的には紙にプリントアウトすることは減っても、職場では、社内ネットワークで伝達しながら紙面で廻すこともあったり... って、ウチの職場が遅れすぎるのかもしれませんね。 4月から施行された個人情報保護法に関連して、シュレッダーが売れているというのも紙がたくさんあることとも関連しているのでしょうかね。 シュレッダーで粉砕された紙は、繊維が短くリサイクルしづいのだとか。 紙を使うならば、せめてリサイクル...と思うのですが、うまくいかないものですね。 結局のところ、必要以上に紙を使わないようにするのが一番ということなのでしょうか。 無駄な紙と無駄な会議、抹殺!
TrackBack : 0
Comment : 0


公園喫茶

050526.jpg ビミョー... 所用で名古屋へ。久々に名古屋の街中を歩きました。 どこに行っても、モリゾー&キッコロ。地下鉄のホームからデパートの中、ビルの看板、公園、土産物... 最初は違和感のあった彼らも、今ではすっかり馴染んでしまって、好きになっている自分がいます。 万博に行って、すっかりハマっているかと言うとそうでもないけれど。 久々の名古屋で気付いたことは... 公園にたくさんあったホームレスの家がすっかりと無くなっていたこと。 万博がらみで市が一斉撤去したというニュースを見ましたが、ホームレス問題は別として、公園がのんびりできる場所に戻ってうれしいです。 公園といえば、居心地の良いベンチが少なく感じました。 木々の緑は美しく、その木陰はとても気持ちがいいのに、その下にベンチがない...というか、植栽が公園の端の方だけのことが多い。 中央がすっかり空いているのは、災害時の避難所としての利用を意識しているからなのか? 欧米の方は日光浴を楽しむかもところでしょうが、典型的黄色人種ですぐに赤くなる&その後シミになる身としては、木陰が恋しくて。 要は、公園喫茶できる場所がほしいという個人的要望。 すぐ手の届くところに緑があるのはいいものです。ちょっと行けば緑がたくさんある所に住んでいても、そう思います。
TrackBack : 0
Comment : 0


血液は健康らしい

先々週、献血した際の血液検査の結果が届きました。 内容良好。貧血の気配は微塵も感じられない濃さを誇っているようです。 やっぱクラクラするのは春の恒例かなぁ。さらに今年は気候が妙だし、一段と自律神経がマズイのかもしれません。 この一年で、驚きの体重増加をしちゃってます。 特にこの半年はスゴイ(現在進行形)ので、すっかり中年域な身としては、コレステロールだとか肝臓系の値に問題がないのは良かったな。 こんなこと感じるのも、さらに中年度アップだわ。あぁ。 そうそう、春は血液が不足するそうです。献血しましょー。
TrackBack : 0
Comment : 0


愛知万博

050524.jpg 愛知万博に行ってきました。 一日中快晴という天気予報は見事にはずれ、昼過ぎまでは寒くて。 そして、とにかく歩いて歩いて歩いて...足くたびれたー。 火曜日の入場者数は比較的少なく、今日も10万人に届かなかったようですが、それでも人は多い! 企業関連のパビリオンは、軒並み整理券待ちで。 今回の同行者である職場関係の人たちがパワフルで、たいへんな行列も体験してトヨタ館には入りましたよ。内容はビミョーでしたが。 基本的に並ぶのが嫌いなので、外国館でぼーっと過ごすのもいいかな、なんて思っていましたが、時には行動パターンが変わるのも面白いもんです。 しかしくたびれたので、詳しくは、またいつか。
TrackBack : 0
Comment : 0


F1 モナコGP:決勝

BARホンダ、佐藤琢磨が出場停止中ということもあり、すっかりわたしの中では置き去りになっていしまったモナコGP。(もちろん慌しくもあるけれど) 結局、中継も途中からしか見ませんでした。忘れてました... なので前半はわからないけれど、最後のほうだけいつもの感想。 ■最高功労者はヤルノ? ローズヘアピンでの追い抜きはカッコ良かった! ■ライコネン完全独走、中継ではほとんどお目にかかれませんでした。  早さゆえですね。マクラーレンの復活は喜ばしい。 ■ウィリアムスも好調。予選番長もその名を返上? ヤルノに感謝してね。 ■ルノー、特にアロンソのキレがないですね。こちらは寂しいものです。  フェラーリも...最後のシューミーとラルフには見入りましたが。 ■やっぱりモナコGP警備の警察官はみんな男前だなぁ。  絶対条件が男前だとは聞いているけれど、よくも揃えたもんです。 さて、来週からはBARも復活。ニュルを楽しみにしよう。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : Formula-1


万博に行くのですが

明後日、ひょんなことから愛知万博こと愛・地球博に行くことになっているのですが。 愛知万博、開催までは、環境面だとかでいろいろと問題が多いように聞いていたのに、始まってみると、それなりに盛り上がっているようです。 今回、格安バスツアーのお誘いを受けいくことになりながら、まったくもって何も下調べをしていません。 イチオウ、公式サイトは眺めているのですが、映像とテクノロジー系の企業館強く魅力を感じず... 基本的に、長い行列に並ぶのが嫌い。それが根本にあるんだよなぁ。 同行者たちも、同じような状況で...外国館をプラプラと回り、面白そうなものを食べたりかなと。 物見遊山ですね。モリゾーと写真を撮れたらいいかなぁ。 もっとも、行ってしまえばあれやこれやと楽しんでしまう性分なのですけどね。
TrackBack : 0
Comment : 0


観音さんにて

050521_1.jpg
今日は朝から津の観音さんのあたりで時間があったので、ちょっとだけぶらぶら。
正式名称 「恵日山観音寺」は、日本三大観音のひとつとも言われているそうです。
あとの二つは、東京の浅草観音と名古屋の大須観音らしい。(日本三大●●というのは、基本的に自称で可らしい)
2001年に建立された五重塔は、かなりの異彩を放っていました。
しかし、今のわたしたちから見たら異彩の上塗りである極彩色も、色の少なかった昔には極楽浄土だったんだろうなぁ。

050521_2.jpg
ちょうど今日は、「春の茶会と甘いもん祭り」という、わたしの心をソソリまくる催し物をしていました。
普段はこんなに人はいないと思います。
地元のお菓子やさんや商店が、バザーのようなことをしていて、思わず "少々"購入。
商店街でもフリーマーケットをしていましたが、そちらにはあまりそそられなかったのですけれどね。
でも、こうやって人が集まるコト作りはいいなぁ。

その後、近くの天むす屋「千寿」にてランチ用に天むすを買いました。
千寿については↓のエントリー(こちら)に書いてあります。天むす発祥の店です。
この近くには、いちご大福発祥の店(こちらのエントリー)もあったりして、なかなか食への探究心が深い街です。
共感を覚えるなー。

そういえば、観音さんの裏にミニ動物園があったような記憶があるのだけれど、まだあるのかな?
また静かな時の散歩にも来たいもんです。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 散歩


めいふつ 天むす

050521_5.jpg
小海老の天ぷらをおにぎりの具に使ったもの。
名古屋名物として全国的にも有名になりました(ほんまか?)が、実のところ元祖は津の「千寿」さんなのです。

パッケージの中に入っているお店のしおりによると、
昭和30年代初め、天ぷら定食の店をしていた初代水谷ヨネさんが忙しくて昼食を作る暇もなかったため、せめて夫には栄養のあるものをと車エビの天ぷらを切っておむすびの中に入れ出したところ「意外と美味しい」と喜びいろいろと苦労を重ねて味付け法を生み出し天むすの誕生となった。
とのこと。
名古屋で天むすを始めた大須のお店は、千寿さんから教えを請い天むすの名と味を受け継いだのだそうです。
小ぶりなおむすびは食べやすく、つけあわせの"きゃらぶき"(フキの佃煮)がなんともいえぬアクセントです。

今回、お店も改装されていたので、びっくりしました。変わらぬ味を楽しみにしています。

050521_6.jpg
■めいふつ 天むす 「千寿」  三重県津市大門9-7 TEL.059-228-6798

参考ページ:東邦ガス Grappy
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 食べること


■ 資格

気になる資格があり、7月からその講座を受講しようと思い、申し込みに行きました。 自宅から比較的近くの専門学校で、以前に申込書などはもらっていたので、今日は受講料を持って申し込んだだけ。 あまりにあっさりとした受領風景に拍子抜けしてしまいましたわ。 資格って、取ったからと言ってどうこうなるものではないし、これからの自分の仕事の上で生かせるかどうかも不明。 資格を持つということは、履歴書を書くときのオマケだけのこともあるし、ある職の必須条項を満たすこともある。 今回は、資格と言うよりもその内容に興味があることなので、勉強しながらどうしようか考えようか。 少なくとも、生きていく上で必要なことがらなので。 計画性なさすぎだけど。。。
TrackBack : 0
Comment : 0


コドモアツカイ

週刊文春にクドカンこと宮藤官九郎の自称「育児日記」連載が始まりました。 もっともお子さんはこの夏に生まれるそうで、今はまだ、その序章のようなお話が書かれています。 その中で、子供をあやす際に ”子供の目線まで降りていって幼児語で話しかけなきゃならない” というようなことが書かれていました。 たしかに、子供と話をする際は目線の高さを子供に合わせてあげたほうがいいと思います。 ことば(というよりも声)を発し始めたくらいの子には「まんま」「ばぁー」なんてしたりもあります。 でも、ある程度の会話ができるくらいの幼児が相手なら、幼児語を使うよりも、普通の言葉で話しかけたほうが、うちとけるような。 友人の子供や、子供にまつわる仕事がいくつか重なった際にそう感じました。 子供は子供扱いされたくなくて、一人の人間として接してもらいたがっているのかなぁ、などと思っています。 とまぁ、子なし&子育て経験・専門知識なしなわたしが言うのもなんなんですが。 「子供扱いしないで」と言うのは、どのみち子供なのだな。あぁ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


非日常口

050518.jpg 朝の電車の中で気になった中吊り広告。 オレンジ色の非(日)常口のピクトグラム。宝くじの広告での非常口のピクトは、製作者の方が謝罪を求めていた記憶があったのですが。 今回は許可を得ているのでしょうかね。 もっとも、グリーンの色そのままで単に「急げ!」と訴求した前者と違い、色も変え非日常への出口を表現した今回はいいのかな。 宣伝内容は、東武鉄道の特急利用促進のものでした。 関東の私鉄の中吊りなんて、このあたりでは珍しいです。東武鉄道って乗ったことないし。 でも、日光は行ってみたいなぁ。 無性に旅に出たい欲求が高まっていたわたしには、ちょうどツボの広告でした。
TrackBack : 0
Comment : 0


高根山バラ園

050517_1.jpg <大きな写真
このところ地元の新聞で取り上げられていた、志摩市にある「高根山バラ園」に行きました。
丘陵地に約2万株・800種のバラがあるとのこと。たくさんの種類のバラが美しく咲き、良い香りに包まれていました。
まだ少し時期が早かったかもしれません。この先、たわわに咲き誇るのではないでしょうか。
050517_2.jpg <大きな写真>  050517_3.jpg <大きな写真

株数・種類はたくさんなのですが、バラ園というには造園技術というか、見せ方のテクニック的に物足りなさを感じました。
バラのある庭を見せるというよりは、バラの品種を見せているような状況。
ただ、もう数年したらツル性のバラももっと育つでしょうし、見ごたえも増すのではないかと期待したいものです。
(今の状態では入園料500円はちと高いよ)
平日の午後だったこともあり、来場者の平均年齢はかなり高かったです。

050517_4.jpg
もともとはキャンプ場の一部だった場所なので、プールの跡が中央にあったりして。
オーナーさん一家が園内でバラ苗の販売もしていて、相談に乗ってくれます。良くも悪くもアットホームなバラ園でした。

050517_5.jpg <大きな写真
一番心惹かれたのがプール跡に咲いていた睡蓮で...
日々の泡には睡蓮がつきものってことで。(わかる人にはわかるオチ)

■高根山バラ園 志摩市磯部町飯浜40-1 TEL 0599-55-2060
2005年の入場料は500円、バラの苗木は1鉢1,000円。
園内のバラのほとんどは、苗木を購入できるようなので、気に入った花の名前を覚えておくと良いですよ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 伊勢


バラバラ

なんちゅーか、いろんなことがバラバラだ。 今はきっと我慢のしどころ、なんだなぁ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


冷し中華 はじめました

5月とはいえ、ほんのりと肌寒さを感じる日でしたが、昼食時に見かけ、思わず食してしまいました。 あぁ、夏の味。 冷し中華の話題になると、しばしば論議される「マヨネーズは有 or 無?」。 わたしが小さい頃は、マヨネーズ無しが一般的だったような気がします。色も薄めのさっぱり酢しょうゆ系でした。 しかし、いつの頃からかマヨネーズとカラシはあって当たり前と思うようになっています。 マヨラーじゃないけれど、冷し中華にマヨ&カラシは好きです。 ネットで検索してみると、明確な答えはありませんでしたが、名古屋を中心とした東海地方と、東北の一部ではマヨネーズ有らしい。 数年前までは、「マヨネーズなんて!」という声も多かったようですが、コンビニなどの冷し中華はマヨネーズ付きも増えているそう。 冷し中華の発祥は、仙台市の「龍亭」と、東京神田神保町の「揚子江菜館」が有力なようです。 また、「寿がきや」がところてんのつゆを冷やしたラーメンに掛けたのが、今のスープによる冷し中華の始まりだという話もあるとのこと。 --- たしかに、家で作るときは寿がきや多いかも。 このところの名古屋食文化の全国進出を考えると、マヨネーズ率もどんどんと高まっていくかもしれませんね。恐るべし。 マヨのことを調べていたら、具と麺、タレを最初に混ぜて食べるか食べないか、なんてことも論議されていました。 わたしは混ぜずに端のほうから少しずつからめながら食べます。 が、こちらに関しては、自分が美味しく食べられるほう、好きなように食べたらいいんじゃないの、って感じています。
TrackBack : 0
Comment : 1


献血したのですが

昨日の夜から、立ち上がったときとか、機敏に体を動かそうとしたときに、ちょっとふらつく感じ。 友達と待ち合わせたショッピングセンターで献血をやっていて、かえり際に思わず寄ってしまったからなのか? わたしは献血には抵抗がなくて、献血センターに行ってまでというほどではありませんが、出先で見かけると参加してみたりします。 これまでは200mlしかしたことがなかったのですが、今回は「400でどうですか?」と言われ、初400mlしたからなんだろうか。 血圧も日頃よりは高かった(健康的だった)し、血の濃さも十分すぎるぐらいだったのになー。 たまたま体調が良くなかったのでしょうかね。 献血は人のため、というだけでなく、自分や自分の大切な人に返ってくることなのかなぁと思っています。 昨日のショッピングセンターでは、小さい子供をつれたお父さんとか、母娘とか、結構自然に参加していて、いい感じでした。 これからも、できる限り参加したいなぁと思っているのですが、ね。不足していると言われているA型だし。
TrackBack : 0
Comment : 0


健康的に食べ過ぎた日

050514.jpg大きい写真> 鈴鹿にて、旧友と密談。 たいへん久しぶりの再会は、近況報告や笑える愚痴(笑えない愚痴はダメ)やアドバイスなど多岐にわたり、あっという間でした。 ランチタイムには、風の葡萄というモクモクさんのやっているビュッフェレストラン。 野菜中心のやさしい味の料理は体にしみるようで、なんだか健康になれそうな気がしたようなしないような。 しかし、かなり食べました。さて、体にとってプラスorマイナス、どっち? その後、以前のエントリーにもある鞍馬サンドさんに移り、お茶して、ここでもおしゃべり。帰りに、今月のメニュー「メロンサンド」とそのほか買いました。 以前サンドイッチのメニューのアイデアを問われた際に、チーズケーキのサンドイッチをリクエストしたのですが、それが今月のメロンサンドになったとのこと。 メロンとチーズケーキとアーモンドスライス、そしてたっぷりの生クリームが入っていて、美味でした。 希望が形になると、ちょっと嬉しいですね。
TrackBack : 0
Comment : 0


FIA ホンダに続いてトヨタに制裁?

FIAは、トヨタがF1に参戦するためのスーパーライセンスに関する書類が未提出だったとして、何らかのペナルティを課す可能性があるとのこと。 チーム本拠地であるドイツのライセンスが未取得だということらしいが、最悪の場合、今季の獲得ポイント剥奪ということも起り得る(F1Racing.jp)とか。 GPWC加盟に絡んで、FIAは日本の2メーカーをターゲットにしているようだ(NiftyF1)なんて話も出てくるし... トヨタ側は、単純な事務的ミスとあっさり認めていますが、なぜ今この時期にこんな話が出てくるのか? と考えると、なにやら不穏なものを感じます。 なにかと不透明なことの多い、それがF1とはわかっていても、サーキットの外でポイントが動き回ってもちっとも面白くない。 組織が生き残るためには、自浄作用ってのが必要だと思うのですが... とにかく、レースが見たいんですよ。
TrackBack : 1
Comment : 3
Category : Formula-1


こんな夢を見た

うたた寝をしていたら夢を見ました。 駅のホームにて。自動販売機でジュースを買おうとして、少し離れたテーブルの上にバッグを置く。盗まれそうな気がしていたのだが、もどってみたら、バッグは盗まれていた。 ・・・・・・端的に述べるとこんな内容です。 盗まれた、ということが妙に印象に残ったので、夢診断を調べてみました。 ■盗みに関することは、利害関係の変化の兆候。  人的・金銭的な損失。逆に、新たな物との出会いも暗示する。 ■駅という場所は、運命の転換期、大きな変化を暗示。  様々な選択肢や進路を模索し迷っている夢主の姿を反映している。 いくつかのサイトを見てみましたが、いずれもほぼ同じような内容で。思い当たるフシもあるので、なるほどなー、と。 夢の内容を文章にして入力すると、総合診断してくれるサイトがありました。<こちら> それによると、「あなたの夢は、あなたにとって好ましい展開が広がり、環境が変わる事を意味しています。今までの生活パターンを変えたり、いつもと違う道を通ったりして、日頃とは少し違った刺激を受けるようにしてください。きっと新しいあなたの側面が見えてくるはずです。」 とのこと。 上に書いた「端的な内容」を入力したら、出てきた回答です。 夢って一概には判断できないようで、解釈も変わるようですが、思いのほか良い診断内容が出たので、今日の所はこれにて診断終了。 もっとも、夢ってこれから起ることの暗示でもあり、自分の心の奥底に気になって引っかかっていることが顕れていることでもあるだろうし... 後者だと思うと当たり前すぎて、味気ないですね。
TrackBack : 0
Comment : 0


空見る人

昨日、こんなことがあったらしい。 いつもだったら、ひといきついて空を見上げている時間だったのになー。この日は忙しかったからなー。 見たかったです。なんとも残念でした。
TrackBack : 0
Comment : 0


血潮はたぎる?

昨日から、左の耳に血液の流れる音が聞こえて妙な気分です。 ごぉーごぉーって鼓動と呼応した音が聞こえるの。 不摂生による体調不良がこんなところに出てきたんだろうか...ちーと不安です。 早く健康的な暮らしがしたいよー。 それにしても、寒い! この原因が北極にある高気圧のせいだって言うんだから...地球はひとつ。 大きいけれど、小さいね。
TrackBack : 0
Comment : 0


いろんな緑

050510.jpg 運動不足なので散歩! と思い出かけた途中、銀行に立ち寄ったら、銀行さんの不手際で待たされた上、他支店に振られてしまいました。 ムムムッと不愉快になりましたが、きれいな新緑の中に入ったらそんなこと忘れちゃいました。 雑木林の新緑は、いろいろな緑が一緒になって深さを増しています。 人もこうであれば平和な世界になるんだろうなぁ、と毎年思ってしまうのでした。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 日々想々


F1 スペインGP:決勝

琢磨が...BARホンダが出場していませんでしたが、結局見てしまったわけです。 そんなわけで、今夜も寝ぼけた感想をゾロゾロ。 ■ライコネンの独走! レース自体も淡々としておりますね。とはいえ、マクラーレンの復活はこれから気になります。 ■不運なフィジコ...最後に脱兎のごとき走りがあったようですが、地上波では一瞬だったような。 ■同一チームでのバトル。見ているほうもヒヤヒヤする。同一チームでのいきなりのリタイアは苦笑でした。でもミナルディみたいなチームには頑張ってもらいたいんです。 ■去年までのスペインは赤かったはず。こんな一気にブルーに染まってしまうとは! さすが国民的英雄ですね。もちろん、アロンソのこと。 ■フェラーリ(ってかBS?)大丈夫なのか?! シルバーやブルーだけじゃなく、やっぱり赤にも頑張ってもらわないと。 ■やはり琢磨の不在は見ていて張り合いがないです。モナコではなんとか走れるよう奔走中ということに期待を込めたいものです。  特別体制を組んでたフジテレビもツライだろうなぁ。意味のないバカ騒ぎ中継は勘弁してもらいたいけれど、同情申し上げます。 スタンドを埋め尽くしたブルー、ルノーカラーでもありますが、アロンソの出身地方の旗(イエローの十字入り)も多いのだとか。 サッカーではイングランドやウェールズなんてのも地域旗アリ。ジャック(!)のケベックもそうですね。 琢磨にも、なにかきれいな色の応援カラーがあればいいのに...白は弱すぎますね。 日本には地方旗ってあるのでしょうか? なければ東海地方は、モリゾーとキッコロの旗でもイイかもしれないな。 だんだんあの二人がかわいく思えてきた単純なわたし。
TrackBack : 4
Comment : 1
Category : Formula-1


屋上空感

050508.jpg
今日、Yahooのトピックスにも出ていた話。
百貨店 屋上改装ラッシュ 「ドッグパーク」や「庭園」

デパートの屋上が好き。もちろん、デパートじゃなくても屋上は好き。
買物途中のひといきは、オサレなカフェより屋上でソフトクリームやカップドリンク!
店の中の人ごみやよどんだ空気、そして物欲にひととき別れを告げられる場所がわたしにとっての屋上です。
どんな大都市の真ん中でも、そこだけは時間の流れ方が少し違う。
が、記事によると、どんどんオシャレになって集客効果を狙っているらしい...複雑な気分。
基本的にデパートの屋上は、ペットショップや熱帯魚、子供の遊具があってちょっとうらぶれた雰囲気。
で、そこにに通じる経路もわかりづらく薄暗い、が定説だったのですけれど、こちらも変わってゆくのでしょうね。
ガーデニングブーム初期、こぞって屋上にイングリッシュガーデンを造っていたこともありましたが、それはさほど違和感はありませんでした。
屋上自身、そして経路も新しくきれいになるのは許すとしても、落ち着かなくなったら、かえって寂しさを感じてしまいそうです。
そういえば、新宿伊勢丹の屋上も工事中でした。庭園部分も撤去されちゃってたし...こちらも同傾向でしょうか。気になります。

ちなみにこのデパ屋ニュース、前日にNHKで放送していた内容と酷似です。
情報化が進むと、記事とすべき事柄を探す方法も能力も変化をしてしまうってことでしょうか。
それとも、デパート側のパブリシティの勝利でしょうか?

--- 新カテゴリーも作ってみようかと。ただし、ぼちぼちUP。
--- 今日の写真がわかった方は、相当の屋上マニアです。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 屋上空感


つれづれ

一日早く母の日モードの我が家。 親父殿に、母の日に何か買ってきてと頼まれたのが発端でした。 わたしは一足早くメガネチェーンを渡してます。以前使っていたものがダメになり、早く欲しがっていたので。 しかし、もうちょっと二の腕細くなってくれよ、母。というか、いい加減サイズ把握しろよ、わたし。 ま、なんともほのぼのとした夜でした。 妻の立場的には、母の日よりも、誕生日や結婚記念日にプレゼントもらったほうが嬉しかろうに。 そんなズッコケどころが親父殿らしく、母はそんなことを今さら気にはしていない。それでいいのでしょう。 そういえば、昨日はタイガー&ドラゴンを見逃したと今さら気付きました。ネットであらすじを読んだら、面白かったみたい。 残念なことをしたと思いながら、昨夜は何をしていたんだろうと思い起こしても、思い出せません。 タモリ倶楽部は見ましたね。 東京からは1週遅れ。「ジョン・ケージの譜面を弾く」、これ面白かったです。 さて、BARホンダがいなくとも、F1は淡々と進んでいます。 アロンソの水色に染まったサーキット、それだけが印象に残ってます。トゥルーリの暫定ポール、明日の展開は面白いかもしれませんね。 感想も淡々。
TrackBack : 0
Comment : 0


今日も雨降り

050506.jpg 今日は朝から雨降り。そしてわたしは休日。 GWと関係がないわたしは、5月に入ってから2回目の休日だったのだけど、2回とも雨降りです。 晴れ女を自負している身としては、なんだかパワーが落ちたようで、寂しく感じちゃいます。 今日は朝から洗車をして出掛けるつもりだったのに。。。 しょうがないので、考え方を変えました。 洗車をする必要がなくなりました! ラッキーです! 帰り道、拭くだけの洗車クロスを買い、いま一度水を吹き付けた後、ガレージの中で拭きふき。 今度はフル洗車してあげますよ、ちゃんとホイールもきれいにします。 なので今日はこれで勘弁してや。
TrackBack : 0
Comment : 0


カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。