This Category : Formula-1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テッタイ

F1・トヨタ、今年限りで撤退。

すでにブリヂストンも来年限りで撤退と発表しています。

日本勢の不在やカムイがどうなるかという寂寥感よりも、
ホンダの撤退発表の時に感じた、「F1というもの自体が今の時代にそぐわぬモノ」という思いが強くなります。
大きな時代の転換期です。


今年の鈴鹿レポをすっ飛ばしているこのBlogにピッタリの、久々エントリーでした。
あぁ。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : Formula-1


2010年F1日本GPは鈴鹿で

2010年のF1日本GPは、鈴鹿サーキットで開催されることとなりました。
モビリティランドとFOAの間で契約が締結されての発表。予想通りの展開ですが、当初は富士スピードウェイでの開催予定だったものが、富士のF1日本GP撤退を受け2010年のGP暫定スケジュールには掲載されなかったこともあり、若干の憶測も呼んでいました。
納まるところに納まった、ただそれだけって感じですよね。

以下、モビリティ・ランドのプレスリリース(PDF)。

平成21 年8 月23 日
2010 年 F1 日本グランプリレース 開催契約締結のご案内

鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランド(取締役社長:大島裕志)は、F1 グランプリレースの開催権を統括するFOA(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション 代表:バーニー・エクレストン)と、2010 年の鈴鹿サーキットにおけるF1 日本グランプリレース開催について契約を締結しました。
今秋、鈴鹿サーキットでは3 年ぶりにF1 日本グランプリレースが開催されます。
このたびの契約締結により、本年度から3 年の連続開催となります。
尚、本年のF1 日本グランプリレースは、2009 年10 月2 日(金)~4 日(日)に開催されます。

モビリティランド取締役社長:大島裕志
『このたびFOAと2010 年F1 日本グランプリ開催について合意し、契約を締結しました。
私どもは過去20年にわたり、鈴鹿サーキットでF1 日本GP を開催し、国内でのF1普及に努めて参りました。
F1日本GP の歴史が途切れることを回避するのが当面の私共の役割と認識し、開催を決定しました。
鈴鹿における新しいF1 の歴史を築けるよう、地域の皆様と力をあわせ、まずはこの10 月の大会に
全力を注ぎ、ファンの皆様の期待にお応えして参りたいと思います。』



■鈴鹿サーキット
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : Formula-1


M・シューマッハ、ヨーロッパGPでの復帰を断念

M・シューマッハが、フェリペ・マッサの代役としてのヨーロッパGPへの出場を断念したそうです。
首の怪我のためとのことで、安全面からはどうしようもないことではありますが...うーん、残念。シューマッハ・ファンの落胆ぶりが目に浮かぶようで...残念としか言いようがないです。
シューマッハファンならずとも、彼の再びの走りは見てみたかったのに。

代わりに走るのは、ルカ・バドエルだとか? 懐かしい名前デス。

ケガをしたフェリペ・マッサの代役としてのF1復帰に大きな関心を集めていたミハエル・シューマッハだが、バイクのテストで首を負傷した影響からバレンシアでの復帰はないことを明らかにした。

「昨日の夜、残念ながらフェリペの代わりはできないとフェラーリ会長のルカ・ディ・モンテゼモーロとチーム代表のステファノ・ドメニカリに告げなくてはならなかった。カムバックできるようにあらゆることを試みたけれど、本当に残念なことにうまくはいかなかった」とシューマッハは自身のウェブサイトで述べている。

「ムジェロで行ったプライベートのF1テストの後に起こった首の痛みに対し医学や治療法のあらゆる面でできることを行ったが、解決することができなかった」
シューマッハは医師の判断と合わせて最終決定を行うために、今週もF2007でテストする予定だった。

TrackBack : 0
Comment : 0
Category : Formula-1


F・マッサの代役出走にM・シューマッハ

ハンガリーGPの事故で負傷したマッサの代役は、ミハエル・シューマッハに決定とのこと!
深夜の一報には「?!」でしたが、フェラーリの公式リリースに続き、たくさんのニュースソースが出てきて、ようやく現実なのだと理解できるようになってきたような。
マッサの容態も安定しているそうで、シューマッハのファンにとては喜ばしいことでしょう。また、「マッサの回復まで」が、果たしていつまでなのかも気になるところでしょうか。
2006年からのマシン変化やシューマッハの経年、FIAの判断は?(おそらくもう話はついていそうな気はするが)などなど気になることもありますが、マッサの負傷、ルノーの出場停止、BMW撤退発表と続いた暗いムードの中で、活気を感じられるニュースとも感じられます。
サードドライバー(誰かはわかってないが)や若手にとってはちょっと災難か(笑)

ともかく、連日の大(というか驚?)ニュースで珍しくF1エントリーが続いたのでした。

Ferrari 公式サイト


+++++++++++++++++++++


以下、詳細は記事引用。
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : Formula-1 | Thema : F1グランプリ | Genre : スポーツ


BMW、2009年末でのF1撤退を発表

BMWまでもF1から撤退というニュースが。
その報を聞いて感じたことは、ホンダが撤退を発表した時とか、トヨタが日本GPの開催から撤退を発表した時と変わらず。いつまでも同じままのF1では在れないのだろう、という考えが冷静に頭の中にあります。
なんとなく、わたし自身の「今のF1」に対して入れ込めない感覚と似ているような気もして。

とはいえ、ほぼ2ヵ月後に迫った日本GPのことを思うと、鈴鹿での開催を喜びつつ、一抹の寂寥感に包まれるような、


+++++++++++++++++++++


以下、記事引用。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : Formula-1 | Thema : F1グランプリ | Genre : スポーツ


トヨタ F1日本GPの開催撤退

トヨタが富士スピードウェイでのF1日本グランプリの開催から撤退するとの報。
正直なところ、予測できたことでありF1自体からも手を引くタイミングを見計らっているのでは、と勘ぐらずにはいられない。古いHONDAヲタと言われようが、そう思えてしまいます。
個人的には鈴鹿で連続開催されるのは、ありがたい。地元なので地の利もあるし、鈴鹿への思い入れもあるし。でも、交互開催でもいいと思っていた部分もあり。なくなるかもな上海や新たに開催されるかもな「KOREAグランプリ」に行ってみるのも面白いかな、とも思ったりもして。

もっとも、日本GPがどこで開催されるとか以前に、F1というもの自体がこれかどうなるのか、果たして楽しめるのか、そこが問題だったりするのですが。大きな曲がり角ですね。

+++++ 一部追記 +++++

7月7日、富士スピードウェイは正式に2010年のF1開催から撤退すると発表しました。
個人的な思いとしては、F1がいつまでも残って欲しいというばかりではなかったりします。形骸化されたまま残っても意味がない、と。それは、日本GPの開催が立ち行かなくなることが問題なのではなくて、F1自体がどう継続されていくのかが気になるというところでもあり。
ただ、どう残って欲しいか、という希望がないことが自分自身でも意外です。

+++++++++++++++++++++


以下、記事引用。


TrackBack : 0
Comment : 0
Category : Formula-1


年月

hill
FIAとFOTAがどうしたこうした...と、いろんな動きの出ているF1界、現世(うつつよ)からその魑魅魍魎のうごめく世界の動きを理解しようとしても無理でしょうから、それは置いておいて。
そんな記事をちらりと覗きにいった先で見つけた写真。デーモン・ヒル氏。
現役時代は個性的な眉毛と彫りの深い顔立ちに軽い拒絶反応があったのですが、今となっては、なんだかいい感じの紳士になってます。
年月の流れを感じた1枚でした。生きていてこそ年月は流れるのだなぁ、と。
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : Formula-1


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

カテゴリー

ユーザータグ

季節 伊勢 ゴスペル F1    神宮 ライヴ  海外  上海 ライブ   ラーメン カウンセリング 鈴鹿   三重 アースマラソン LIVE 遷宮 上海旅行  スイーツ 自然 甘味 名古屋 TV   PC まつり  白馬 ワークショップ 内宮 赤福 シューミー  夫婦岩 二見 台風 誕生日 フレンチ 日食 講座 ぼやきんぐ ファストフード clio 散歩 梅雨 太陽 花火 ランチ 亜久里 

Flickr

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kunco=clio

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Cahier All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。